FC2ブログ

ポーラー 狙われた暗殺者 (2019)

NETFLIX映画です。
よくありそうな内容だったのでスルーするところでしたが、主演がマッツ・ミケルセンだったので見てみました!
どうでもいい事ですが、私の頭の中で毎回マッツ・ミケルセンなのかミッツ・マケルセンなのか分からなくなります。
ミッツ・マングローブが邪魔してくるんですよねー(´・ω・`)

殺し屋稼業からの引退を目前にして、穏やかな生活を送っていた凄腕暗殺者を狙う冷酷非情な若手刺客集団。強欲なボスの仕業だと知り、男は決死の反撃に出る。(NETFLIXより)

ppos.jpg

殺し屋の会社が50歳定年という規則を作っていて、定年を迎えた殺し屋は何億何十億と言う退職金を受け取って引退していく。
ところがですね、この殺し屋の会社は赤字続きなもんで、それを回避するために引退して行く殺し屋たちを殺してしまえば退職金払わずにすむじゃん!!(∩˃o˂∩)
・・・というとんでもなくブラック、いやもう漆黒の会社なのですよ。

引退した殺し屋を狙うのは、とにかくキャラが渋滞気味の殺し屋グループ。
見た目も殺し方も派手なんですが、この映画の世界には警察という概念がないのであろうか・・。
元々はコミックらしいんですが、結構ゴアだし結構エロい!
そして何より、マッツさんがカッコ良すぎるんですよぉぉ~~(ノ*’ω’*)ノ

凄腕の寡黙な殺し屋なんですけど、寂しがり屋の面もあったりして少しコミカル。
でもですね、いぶし銀かと思っていたらそうでもなくて、分かりやすいハニートラップも易々と引っかかってくれる!そして思う存分楽しんだりしちゃうんですよね~笑
ヤルんかい!・・と、思わずツッコんでしまう事間違いなしです。

まさかの拷問シーンまでおまけ付きで、しかもまぁまぁ痛い!ちょっとグリフィス思い出しちゃいました。
細かい伏線もきっちり入ってるし、とても良くできた映画だと思います。
ひと昔前ならヴィゴ・モーテンセンあたりがバチッとハマりそうな役かも。

続編出たら絶対見ます♪

polar-8.jpg

(エファ)







人気ブログランキングへ

七年の夜 (2018)

「のむコレ」@シネマート新宿、半券利用で1000円で観ましたよ。去年だけどね。

あらすじ(チラシより)
娘を殺した犯人を見つけ出し、同じ目に遭わせてやる!!

人里離れた峡谷のダムに赴任が決まった警備員ヒョンスは、はじめて訪れる山道で濃霧に見舞われ、車の前に飛び出してきた少女をはねてしまう。動揺したヒョンスは、少女をダム湖に投げ入れ、ひき逃げ事件を隠蔽。その日から罪の意識に苦しめられる。村の一番の資産家ヨンジェの愛娘が行方不明になったニュースは村中を駆け巡り、捜索の末に彼女は湖から無残な姿となって発見された。「コレは事故ではなく、事件だ」と確信したヨンジェは怒りに震え、自らの手で犯人に復讐しようと動きだす。それはヒョンスが犯した大罪より残酷なリベンジだった。


韓国ではベストセラーだったいう原作が読みたくなりました。日本語訳でてるのかな?
作品は、構成も良くて、推理面でも面白いし、役者も揃っていてなかなかでした。そしてもちろんチャンドンゴンはかっこいい。
個人的にもう一つだったのは、主役が二人体制というのは。。。混ざらないっていうか(狙い?)。。。
うるさいというか、流れが途切れる感がありましてね。
リュ・スンリョンがあんまり好きでないからそう感じたのかもですが。
DVDもすぐ出そうなので、ご覧になったら感想を聞かせてください誰か。

7nennnoyoru

(nasu)





人気ブログランキングへ

フィアー・インク (2016)

Netflixで見ました。
まずは書いてあった内容をどうぞ。

本当に怖い体験がしたいならある会社へ連絡を。名刺にあった番号に早速電話したホラー映画好きの男。すると、彼と友人達に次々と恐怖の出来事が襲い掛かり...。(Netflixより)

images.jpg

いや~~
引っかかった引っかかった(´・ε・̥ˋ๑)
このソフトのジャケットも上の女性が大々的に顔を出しているんですが、彼女はチョイ役です。
ですが、これは分かっていてそうしたのでしょう。
この女優さんはアビゲイル・ブレスリンと言って、この作品の中では1番名が売れています。映画冒頭で姿を消しますが、この作品の主人公である俳優さんを前面に持ってきては誰も目に留めてはくれないでしょう!

主人公ジョーは金持ちの彼女の家で居候中。
仕事を探すこともなく酒とドラッグに溺れていて、もう分かりやすいクズの代表。
まぁ陽気と言えば陽気ではあるんですが、ずっと騒いでます。
唯一共感できるのがホラーマニアだって事くらいです。
いろんな映画のタイトルを出して、まるでスクリームのようです。そう言えば映画冒頭のシークエンスはスクリームドリュー・バリモアと似てるかな。
しかし、こんなヤツが周りにいたらムカついてしょーがないなー。
いいところが1ナノも見えてこないよ。

ジョーは名作ホラーのような体験がしたいと常日頃から思っていたところ、妙な男から「恐怖を体験できるぜ」と名刺をもらうワケです。
そりゃもう電話するしかないですな(´∀`艸)

この映画はもうネタバレせずにいられないんですが、正直オススメはできない映画です。
B級ホラーだと思って見ているとZ級だし、トラッシュだと思って見ているとそこまで悪くも無い気もしてきます。
見る予定がある方は、以下は読まない方がいいでしょう!
いや、もはやネタバレを読んだところで印象が変わるような作品でもありませんけどね。



↓↓以下はネタバレ↓↓




ドッキリかと思っていたらそうじゃなくて、と思っていたらやっぱりドッキリで、いやいや実はそうでもなかった!
・・・と言う展開が用意されております。
主人公も作中言っていたように、マイケル・ダグラス主演の「ゲーム」をベースにした感じにしたかったのかもしれません。全然違いますけどね・・。

何があかんのかってのはいっぱいありますけど、まず洋画ホラーにしては珍しく大根俳優さん達を揃えていること。よく日本でDVD出せたなぁ。
そして特殊メイクがチャチい!
まぁドッキリってテイなのでそれはそうなのかもしれませんが、酷すぎます。

1番あかんのは、ドッキリなのかそうじゃないのかってところでハラハラさせるのがミソなんだろうに、映画冒頭でネタバレしてしまってはもうどうしようもありません。
ラスト、もしかしたらもう1捻りあるのかな?と思ってましたけどありませんでした。
もう呆然です。
私は無料配信で見たから1時間半無駄にしただけに留まりましたが、DVDを購入したって方も中にはおられるのでしょうね。

ま、いろんな映画を見ていたらこんな事もよくありますから腹までは立ちませんけどね(´∀`)

(エファ)











人気ブログランキングへ

必ず捕まえる (2017)

Netflixで見ました。
爺さんとオヤジが殺人犯を追う物語なので、地味だなーと思いながら手を付けずにいたんですけど、どうしても気になって見てしまいました。

次々と殺人事件が起こる中、町内を知り尽くす頑固なアパート家主の元に1人の男がやって来る。彼は、同じ手口による30年前の未解決事件をよく知る元刑事だった。(Netflixより)

img_0_m.jpg


主人公は街でアパートを何軒も経営する守銭奴で有名なシム・ドクス爺さん。
アパートにはお金に困ってそうな面々が住んでいて、家賃を滞納するもんだから大家が自ら徴収しに行くワケですよ。
ドクスは基本的には悪い人ではないんですが(後半からとてもいい人だと分かる)、言葉遣いが悪くて「家賃払えないなら金を盗んで来い」とか平気で言っちゃう。
毎月毎月家賃を滞納される側も気の毒ではあるんですが、周りは払えない住人側に同情してドクスは悪者。

街ではお年寄りの事故や孤独死が相次ぐんですが、家賃を滞納してドクスに厳しく請求されていた住民が首吊り自殺体として発見され、住民の目は更にドクスに厳しくなるんですよ。
飲食店に入ったら拒否されて、店員のおばさんに「お前が死ね!」とか言われちゃうんですよ~!
韓国の国民性なのか?おばさんが異常なだけなのか?
ドクスは何も悪いことなんてしてないと思うんですけどねー。

実はこの自殺体として発見されたチェさんは元刑事で、彼の元同僚だったと言うパク・ピョンダルと男が現れます。
このパクを演じているのは、以前見たカプトンイ 真実を追う者たちと言う韓国ドラマに出ていたイヤーな刑事役の方でした。ぜんぜん雰囲気がちがーう。

街で起こる事故や自殺は実は連続殺人だ!30年前にも同じような事件があったんだ!次は若い女が殺される!

パクと亡くなったチェは過去にこの事件を追っていて、パクは今回こそ犯人を捕まえようとドクスに応援を頼むんですよ。
で、次は女が狙われると聞いて205号室の住民が気になったドクスは様子を見に行くんですが、やっぱり事件は起きてて警察に連絡しようとするドクスをパクは止めるんです。
でも、血まみれの床を発見したドクスはそれを踏んで転んだりしてるんですよ。
それで通報せずにいたら確実に疑われますよね!?
そこから二人は独自の捜査を始め、犯人の目星を付けて勝手に自宅に侵入したりするんです。

も~~~あり得ない!!!=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)

ちょっと話の持って行き方が無茶すぎます。
あんたら二人で何もできるワケがないでしょー!と見ていてイライラします。

ところがですよ、中盤になってビックリの展開がやってきます。
元刑事だというパクは頭がおかしすぎでは?と思っていたら謎が解けました。とても意外です。

都合の良すぎるシーンも多く、無駄に時間を費やす場面も多々あります。
結果的にはそこまで面白い映画と言う感想は持てませんでした。
だけど、パクの隠された事実とか犯人像とかは結構面白かったし特殊メイクも頑張ってたので、惜しいなーと思いました。
ラストもあっさり終わってしまったので、街で嫌われていたドクスが住民に溶け込んでいく・・そんなシーンで締めてくれたら清清しかったんじゃないかな。

(エファ)





人気ブログランキングへ

ザ・プレデター (2018)

元特殊部隊員の傭兵クインの息子ローリーは、父が偶然に入手した謎の装置を起動させてしまう。それは、最凶最悪のハンター、プレデターを地球に呼び寄せるものだった。一方、プレデターと接触したことで、その存在を隠蔽したい政府に監禁されてしまったクインは、ルーニーズと呼ばれるならず者の兵士たちと脱走を図り、危険が迫る息子の元へ急ぐが……。(amazonより)

20180916025545.jpg

プレデターと言えば、もう1987年公開シュワちゃんの第1作しか私は頭に浮かびませんねー。
プレデター君は続編いろいろ出て、エイリアンと共演までこなしてる売れっ子ですね。
まぁエイリアンとの共演作はお祭感覚で見れるとしても、私はシュワちゃんの1作目以外は全然面白く思えませんでした。

で、また出た~って感じではありますけど見ずにはいられませんよねぇ。
昨日GEOで借りて見てみました。
リアル店舗でレンタルするなんて、もう7~8年ぶりかも。ずっとオンラインレンタルか配信ですから。

話の筋としては、第1作目の続きって感じらしいです。
交配種が出てきたり追う側のプレデターだったり負われる側のプレデターだったり、捕食しないんならプレデターって呼び方はおかしんじゃないかって話が出たり・・。

いやー、つまんなかったです(・д・)
量産されている普通のB級ホラーとして、プレデターじゃないクリーチャーでやってもらった方がしっくりきます。
主人公の性格は悪いし、家族省みない件はクリアしないままだし、博士役として出てくる女優さんの立ち位置もよく分からない。
お笑い要素をふんだんに取り入れようとしているのが、私には1番受け付けられなかったところです。
アメリカではあれで爆笑なのか???

監督のシェーン・ブラックって方は、1作目のシュワちゃん部隊に出演していた俳優さんなんですってね。

Predator-Shane_Black.jpg

確かに見た事あるような・・ないような・・あまり思い出せません。
と言うか、

billy.jpg

この人と↑

predator_carl.jpg

アポロしか印象にありません(;∇;)

プレデターと言うキャラクターが秀逸だから摘みたくなるのは分かりますけど、彼の価値が下がるような借し出しはやめて欲しいなー。
わざわざ新作でDVD借りるほどじゃなかったです。

(エファ)












人気ブログランキングへ

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム