FC2ブログ

大アマゾンの半魚人 (1954)

昔のホラーといえば

独特の、そしてとっても大きい存在感を持った怪物達が

スクリーンを暴れまわる映画が主流でした

そんな時代のモンスター映画の傑作の1つです(生まれてませんでしたが)

 

アマゾン奥地に調査に行った学者さんが

襲い掛かってきたモンスターを捕まえるが

逃れて怒ったモンスターが逆襲

それを撃退

まさに解りやすい内容(笑)

でもこの作品の見所は

なんといってもモンスターの造形美!!

いやいや

いつみてもカッコイイ!美しい!

この時代のモンスターの姿は

芸術ですね♪

hanngyojinn.jpg

しかしまあ

なぜか半魚人って

女好きっす(笑)

この映画でも女性を掻っ攫いますが

映画「モンスターパニック」の半魚どんも

女性襲いまくります(生殖活動のため 早い話「俺の子を生めぇ」)

そんな流れってこの映画がモトなんでしょうか?(笑)

見たことないって方は

一度見てみてください

これもホラーの時代を作った

作品に間違いありません♪ 



(ひろろ)

大アマゾンの半魚人 (ベスト・ヒット・コレクション 第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]大アマゾンの半魚人 (ベスト・ヒット・コレクション 第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]
(2007/08/09)
リチャード・カールソン.ジュリー・アダムス.リチャード・デニング.アントニオ・モレノ

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ

デビルスピーク (1981)

陸軍士官学校のいじめられっ子の生徒が
偶然見つけた古の黒魔術の書によって甦らせた
悪魔の力で復讐する


あ~くまのち~から~み~に~つ~けた~♪
失礼しました
どうもこの歌(デビルマン)思い出しちゃいまして(笑)

この映画
復讐するいじめられっ子を女性にして
悪魔の力を超能力と置き換えると
そう
「キャリー」になります

とちょっとパクり入ってますが
これはなかなかの傑作です
特に
豚にシャワールームの女性が喰われるシーンは
記憶に焼きついてますねぇ
「キャリー」とは違い
結構な残酷シーンもこの映画の売りでしょうか

しかし
この映画のいじめっ子・・・やりすぎです(笑)
これは復讐されても仕方ないでしょう
コンピュータを使った魔道書の翻訳や
悪魔とのリンクも面白いアイデアでした
ただ
時代が時代だけに今では妙に古めかしいパソコンですが(笑)

さてこの映画
DVD発売予定していたのにもかかわらず
延期で未だDVD化されてません・・・・
うむむ・・・
ホントに発売するのか?
国民は不安です(笑)
噂では今年年末リリースとも聞きましたが・・・
ホント頼みます
リリース
プリーズ
ビデオそろそろヤバイんだもの(泣)

(ひろろ)






人気ブログランキングへ

脱出 (1972)

ちょっと古い映画ですよ。70年代初めの作品ではありますが、なかなかのスリルを楽しむ事ができると思います。監督はジョン・ブアマン


都会に住む4人の男達ルイス・エド・ドリュー・ボビーは、ダム建設のために沈む事になった湖(多分、アパラチア山脈あたりだったと思う)へ川下りでもしようとやって来る。
車を運んでもらえないかと土地の住民に声をかけるが、ちょっとした事から気まずい空気が流れ始める。

それでも大自然の中で川下りを果たし気分も良くなった4人だったが、川岸で休憩していたエドとボビーは田舎の住民とトラブルになる。

事態はどんどん最悪な方向へ向かい、壮大な景色の中リフレッシュにやって来た男達は恐怖のドン底に落とされる事となる。



この4人の男達ですが、1人だけなかなかの男前がいるなぁ~と思って見ていたら、なんとエド役はジョン・ボイトでした。
そう、あのアンジェリーナ・ジョリーのお父様ですよ。やっぱり美形の親は美形ですね。目のあたりなんて、よく似ています。最近では『トロピック・サンダー』に驚きの出演を果たしてましたね(笑)

エドはこの作品の主人公でもあります。
リーダーシップがあるわけでも逞しい男でもないですし、どちらかと言えば繊細な感じ。かえってそれがスリリングな展開には良かったと思いますし、エドが感じた恐怖がジョン・ボイトの演技力によって、見てる側にもヒシヒシと伝わってきました。

エドが鹿に向かって弓を引くシーンがあるのですが、いろんな葛藤が垣間見れるところでもあります。
エドとボビーが住民達とトラブルになるシーンは結構衝撃的です。しかもこの醜悪なシーンは結構長く、不快感MAXといった感じ。

ルイス役にはバート・レイノルズ。1人だけヤケにむさ苦しい顔がいるなーと思っていたらバート・レイノルズでした。若い!

こちらのルイスの方が完全にリーダーです。いや、ジャイアンです。(リサイタルはしません)
彼のやった行動がキッカケでみんなもう後戻りできない事態へと向かっていくのですが、ルイスがあの行動を起こしたのは間違いではなかった・・・と私は思いました。
あれが犯罪になってしまうのは、ちょっとおかしいですよ。


川下りの映画では他に『激流』もありますが、エンターテイメント性が高いので楽しめるといった点では『激流』の方に軍配が上がるかとは思います。

こちらの作品は、下手なホラーよりも怖いかもしれませんよ。

田舎住民のビジュアルについて、あまり詳しく描いていないところなんて想像力を煽ってくれます。地上波ではカットされそうなセリフもあります。
この住民達は、普通の常識を持ち合わせていないんですよね。それに我慢ならなくなった都会の男達がトラブルになるまでの間は、見ていてヒヤヒヤします

この映画でホッとするのは、川下りのシーンとバンジョーとギターのセッションシーンでしょうか。


今は悪役が多くなったジョン・ボイトですが、こんなか弱い役が似合った時期もあったのね~と、何だか嬉しくなった映画でもありました。

お奨めできますよ

(エファ)    07/10/08


脱出 [DVD]脱出 [DVD]
(2000/08/25)
ジョン・ボイト

商品詳細を見る









人気ブログランキングへ

伝染歌 (2007 日本)

「歌えば死ぬ」
といわれている歌の呪いを解くため
その歌の謎を追う


そんな内容の映画です

中盤まではなかなかの展開で面白いですが
盛り上がってきたトコロで
妙なペースダウンをしてしまうので
自分としてはちょっと残念でした

まあ主演が
松田龍平さんですから
ファンの人は気にならないのかな?(笑)

呪われた歌を
松本伊代さんが歌っていたのは
ちょっとビックリでした(笑)

未見の方で興味ある方は
ハズレではないと思うので
見てもいいかもです

そういえば
「歌うと死ぬ歌」もしくは「歌うと呪われる歌」
には実際にモデルが存在するのをご存知でしょうか?


それは
大正から昭和にかけての
作家 西條八十さんの詩集「砂金」の中にあります
その歌の名は
「トミノ地獄」
そしてその歌は声に出して読むと
災いが降りかかるとか・・・
ではその「トミノ」の一節を・・・


思いましたが
ここはホラー映画の世界
フィクションを楽しむ世界ですので
リアルに何かあるかも・・・なものは
やめときます(笑)
興味ある方は
自己責任で探してみてください

(ひろろ)

伝染歌 プレミアム・エディション [DVD]伝染歌 プレミアム・エディション [DVD]
(2008/02/22)
小嶋陽菜前田敦子

商品詳細を見る







人気ブログランキングへ

デアボリカ (1973)

悪魔が宿った胎児を身ごもってしまった夫婦の
恐怖を描いたオカルト映画です


なぜ悪魔が宿ったか?
という謎を追う部分もあり
なかなかの作品です

子供の頃見て
怖かったホラー映画の1つです

内容的に
名作で名高い
オーメン
エクソシスト
などの作品と似た感じも受けますが
オーメン」はこの作品の数年後
エクソシスト」は同年に作られたので
アヤカリ映画ではないことが確かですね

この時代のオカルト映画は
ホント傑作が多いです♪
なぜか
この作品は
あまり名前が売れませんでしたが・・・(笑)

ラストの衝撃は
今でこそ「使い古された演出」ですが
当時は怖かったですよ

しかし
ラスト前の
「白い胎児(?)」の方が
不気味でしたが(汗)

よき時代の
オカルト映画
この世から
消えませんように(祈)

(ひろろ)

デアボリカ [DVD]デアボリカ [DVD]
(2005/07/08)
ジュリエット・ミルズガブリエレ・ラビア

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ

<<PrevPageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム