スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

プラネット・テラー (2007)

文字色『グラインドハウス』のうちのロドリゲス作品。
単発上映では『デス・プルーフ』が先でしたが、2本だてのUSAバージョンでは『プラネット・テラー』の方が先に上映されました。

続けて見る場合、私はロドリゲスの方を後に見たかったです。

当然舞台はテキサス。軍の基地内で揉め事が起こり、化学兵器であるDC-2が噴出する。そのガスを吸った者はたちまち感染ゾンビと化し、街の人間を次々と襲うのであった。

ストーリー展開は過去のホラー映画ヒット作を感じさせるものであり、どちらかと言えば単純明快な内容。
しかし、思いっきりB級を意識させながらも仕上がりはA級だと感じました。

キャストが各々個性豊かであり、それぞれが主役張れそうなほど魅力たっぷりです。
この映画のヒロインは、1番見た目もインパクトのある右足マシンガンの女・チェリー・ダーリン。2週間ぶりに恋人だったエル・レイと出会った直後、感染したゾンビに足を食われて片足を失う。

彼女は決してタフな女ではなく、仕事であるダンスも涙を流しながら踊るといった、とっても泣き虫な女なのだ。
しかし恋人のレイは一見冷たい男で、チェリーを甘やかす事はしない。お陰でどんどん強くなるチェリー。

このチェリーを演じているのはローズ・マッゴーワン『デス・プルーフ』でも出演しているが、金髪で役柄も全く異なるため気付きにくい。
彼女の片足マシンガンの姿は、本当にクールでカッコいい
バイクに乗ってるシーンがあるけど、これが左足マシンガンだったら乗れなかっただろうね。

恋人のエル・レイを演じるのはフレディ・ロドリゲス。普段のお姿はそんなにカッコ良くは見えないけど、この作品の中ではめちゃくちゃカッコいいですよ
ちょっと背が小さいので、長身のマイケル・ビーンと並ぶと更に小さく見える。
エル・レイには「本当の正体」と言うものがあるんだけれど、結局明かされない。スピンオフが欲しいところ。

他にも沢山キャストがいて、夫(ちょっと有名になってきたジョシュ・ブローリン)に命を狙われている妻(2人とも医者)や、BBQ(店名は豚小屋!)レストランを経営している兄と保安官の弟(これがマイケル・ビーン)。
軍人役としてブルース・ウィリスが出てきます。彼はDC-2に感染していて、最後は凄いカッコになりますよ(笑)

他にもレイプ魔NO1として、軍人役でタランティーノも出てきます。
彼とチェリーがエレベーターでやり取りするシーンがあるんですが、このシーンはロドリゲス監督の過去作である『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(脚本はタランティーノ)でボツになった脚本を使ってるそうです。
タランティーノ、イカれた弟役だったでしょ?レイプ魔NO1と確かにかぶりますからね。

チェリーとレイのベッドシーンや、ラストシーンは少し『ターミネーター』を思い起こしました。
なので、最後は胸がジーーンとしました。マイケル・ビーン出てるしね・・(老けてて途中まで気が付かなかった!)

チェリーが空を飛ぶシーンなんて、めっちゃカッコいいですよ
尚且つ、サントラの入れ方もウマいんですよね。
この映画は、ロドリゲスが監督・脚本・編集・音楽、全て担当しています。



「俺の才能どやーーーーっ!!!」



と、見せ付けてるようですよ。いやいや、本当に素晴らしい。

展開が間延びして若干退屈してしまうタランティーノに対し、ロドリゲスはテンポが良いので私は凄く好きです。

劇場でもう1度見たい(私は2回見た)、そして出来ればスピンオフや続編が見たくなるほどの出来栄えでした。

トム・サヴィーニも出てるので、見つけてみて下さい。・・・と言っても、顔が濃いのですぐに分かりますが。さすがの最期も見せてくれます。

『ヒルズ・ハブ・アイズ』に続いてのお気に入りです。
絶対見て欲しい

そんなにグロくもないけど、男性にはちょっと厳しいシーンがあるかもね(;・∀・)

キメ台詞は「狙いは外さない!」



↓以下ネタバレ↓












謎の過去を背負ったエル・レイ。銃を持ったら鬼に金棒状態だったのに、あんなアッサリとヤラれるのは寂しいですよ・・・。

それもこれも、チェリーがしょうもないグラサンなんかで遊んでるから!

もっとカッコ良い死に様が欲しかったですね。


エンスト起こして被害に遭うタミーという女性が出てきますが、彼女の車から「ジャングル・ジュリア」のラジオ放送が流れてくるシーンがあります。(ジャングル・ジュリアとは、『デス・プルーフ』に出てくるキャスト)


(エファ)     07/09/25


プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/21)
ジェフ・フェイヒーステイシー・ファーガソン

商品詳細を見る



スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

ザ・ヒル (2002)PageTopGRINDHOUSE

Comment

納得の映画

あー!
あの映画!

面白かったです。
ホラー映画というより、
ホラーという世界が好きな監督が、一人のホラーファンとして作り上げた、ホラーファンのための映画って感じでした。

作品としての完成度や面白さより、マニア的なB級を煮詰めた。
ホラーファンのエキスって気がします。

単純にホラーが見たい人向きじゃないと思うんですが、作品としての面白さが凄く良くでてるんじゃないでしょうか。

初心者意見ですが、私も面白いと思います。
(^_^)v

Re: 納得の映画

>スカイキッドさん

コメント有難うございます。

>>ホラーファンのエキスって気がします

そうそう。その通りだと私も思います。
いろんな映画を連想させるシーンがふんだんに取り入れてあったりして、思わずニヤリとなる。そんな感じ。
サントラも抜群にカッコ良くて、私は劇場で大興奮してしまいました。
いろんな作品を見てから、またこの映画を見てみると更に面白く感じ取れるかもしれませんよ。

サイコガン?

アクションが良かったですねー。マシンガン女チェリーのキャラが抜群に立っていました。個人的好みはダコタ(マーリー・シェルトン)のほうですが^^;でもあのマシンガンどうやって引き金引くんでしょ?やっぱりサイコガン・・・

>sasuperia2redさん

私も最大の謎が「どうやって引き金を?」でした(笑)
見た目は原始的な銃でありながら、実は最新近代兵器だったのかも?

ダコタは手首の骨折シーンが痛々しかったです(><)
私は旦那役のジョシュ・ブローリンが好みかな♪

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/93-e209cea1

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。