スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

パンズ・ラビリンス (2006)

数々の賞を獲った、大人のダーク・ファンタジー。
監督は『ミミック』『ヘルボーイ』などのギレルモ・デル・トロ

私はファンタジーが大の苦手なので、『ハリーポッター』『ロード・オブ~』などはあまり好きじゃありません。
しかしこれは本当に大人向けのファンタジー。重く切なくなる事請け合いです。


舞台は内戦下のスペイン。少女オフェリアは戦争で父を亡くし、新しい父親を迎える事になった。
しかし、その義父は独裁政権軍の大尉であり、臨月の母親とオフェリアは義父の宿営所での出産を望まれ、はるばる出向く事になる。
義父は生まれてくる子を男児と決め込み、その子だけを強く望んでいた。あまりにも残忍な義父の大尉での姿に驚愕しつつ、オフェリアは宿営所の横にあるラビリンスに興味を持つ。

そんな時、オフェリアの前に牧羊神・パンが現れ、「あなたは我々の王女である。ずっと捜し求めていた。永遠の命を持つ王女に戻るには、3つの試練を受けてもらう。」と言われる。

元々童話好きなオフェリアは、その牧羊神の話に飛びつき、恐る恐るながらも試練を受けていくのだった。



このオフェリア演じる少女、子役の頃のナタリー・ポートマンっぽくて可愛いです。
出てくる牧羊神や怪物なんて、結構ホラーちっくです。そういった描写も出てくるのですが、驚くほどリアルでした。

この監督がスペイン内戦下の話を書くのは、これで2作目なんです。スペイン映画だし、監督もスペイン人かしら?と思ったらメキシコ人でした。だからこそ冷静な目で受け取っているのかもしれません。

義父にあたる大尉はとてつもない独裁者で、横顔などヒットラーに似た感じも受けました。この義父の元で辛い生活を強いられるワケですが、こちらは超現実的な話に対し、もう一方ではラビリンスや王女になるための試練など、超ファンタジーな話が繰り広げられます。

始まってしばらくはファンタジー色が濃かったのですが、徐々に現実での恐ろしい話に比重がいきます。怪物等が出てくるストーリーより、現実での出来事の方が何倍も恐ろしいです。

最後は一体どちらで締め括られるのかと思っていたら、見事に1つに纏まりました。
しかし、めちゃくちゃ切ないですよ。

確かにホラーな要素も結構あります。虫が苦手だったり針が苦手な人には背筋が寒くなるシーンも・・・。
でも、結果的には全然絵空事なファンタジーではないんです。だから、私のようにファンタジーが苦手な人も納得いく作品です。

それにしても見事な心理タッチ。そして見事な特殊効果。
この監督、監督になる前は特殊メイクに携わっていたとかで、なるほどな・・と思いました。

後ろで流れる音楽も、ストーリーに沿ってとても切なくなります。

これを見る前に『デビルズ・バックボーン』なんかも見ると更に切なくなるかもしれません。

去年公開された『永遠の子供たち』なんかは『デビルズ・バックボーン』に本当に感じが似ているのですが、監督はJ・A・バヨナですがデル・トロが制作側に周っているんですね。

お勧めしますGOOD


ちなみに、これのスペイン原題は『EL LABERINTO DEL FAUNO 』となっていて、FAUNOとは牧羊神と言う意味にあたります。米国ではPAN’Sなんですね。

見たあと、しばらく心に残る映画です。

ラストの解釈は人によって違うようですが、私が思った事はに書きました。
ネタバレになりますので、見たくない方は読まないようにッ。






全ては極限までに追い詰められたオフェリアの妄想だったんだと、私は解釈しました。

辛い現実に置かれると、少なからず子供は妄想の世界へ逃げるものです。

この作品は非常に物悲しいものがありますが、リアルな世界ではもっと非情な事が子供を襲っているのではないでしょうか。



(エファ)    07/04/22

パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
(2008/03/26)
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ

商品詳細を見る


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

Happy Tree Friends ファースト・ブラッドPageTopゾンビコップ (1988)

Comment

まさかの感動

今まで未見であったが、今年アメリカで大ヒットを飛ばしたMamaの製作総指揮をし、本作のミュージカル化も決まったので今更ながら初鑑賞。。。泣いちゃった。

事前情報は、ダークファンタジーとしか知らなくて、題名から迷路に迷わない為に食べるパンを千切って目印にし、怪物から逃げ惑う物語かと勝手に思ってたorz。パンはパンでも牧羊神の方なのね。

ヘルボーイやブレイド2みたくお気楽に見ようとしたら、かなりヘビーな内容で、脚本の妙・物悲しい調べ・耽美な美術等、こんな繊細な作品が撮れるとは夢にも思わなかった。デルトロ監督振り幅大きすぎ。

でもミミックにあった子供にも容赦のなさは、流石やでデルトロはん。パシフィックリムに出演する芦田愛菜にも同様の理不尽さが降りかかるのかと思うと胸が熱くなります。ガメラ3での仲間由紀恵再演か!

思ってもみない程の衝撃と感動を与えた作品。舞台も気になるけど、Mamaの公開が決まってくれないかな。あの原作短編映画を見た時の怖さも衝撃的でした。

>亀さん

ミュージカルですか~!それは凄いですね。見て見たいです。
タイトルは確かに、ちょっとヘンゼル的なものを感じますよね(笑)

物語は非常にヘビーで超現実的って感じで、主人公が少女なだけに心が締めつけられましたね。
「子供が可哀想」なだけの作品には留まらせず、美術やその他のセンスも長けていて嫌味がなかったのを覚えています。

「Mama」はポスターの時点で既に惹きつけられますね♪

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/90-2e081641

トロともりもり

トロともりもりの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「トロともりもり」へ!

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。