スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

JIGSAW ゲーム・オブ・デス (2006)

これは「JIGSAWシリーズ」と言うものに勝手になっていて、もちろん本家の『SAW』とは全く何の関係もない。

1作目はイタリア映画だったが、この2作目はアメリカ映画。
原題は『ARE YOU SCARED』
原題の方が中身との繋がりもあるので、勝手に『JIGSAW』になっちゃって可哀想な気もする。


1組の双子を除いて、何の関係も繋がりも無い6人の男女が廃墟となった工場で目を覚ます。
しかし、その6人には共通の出来事があった。TV番組である「恐怖の館」と言う企画に応募しており、工場の中に「自分が1番恐怖としているものにチャレンジしてもらう。克服したものは決勝戦へ出場できる。」と、不気味な男の声が響き渡る。

そうして恐ろしいゲームが始まった。



ジャケにあるようなシーンは確かに出てくるものの、若干着色されていますね。本当はもっと地味。
内容も『SAW』を連想されるようなものではありますが、脚本は『SAW』ほど練られていません。
本当にストレートな話なんですよね(;^ω^)

目覚めたら見た事も無い建物にいて、知らない人が何人か同じようにいる。
で、「ゲームしよう!」みたいに声がかかるけど私なら激怒してますね。そんな勝手な話、喜んで乗る方がおかしいですよねぇ。
ホラーなので難しく考えちゃ面白くないですけど、『SAW』の場合だとそう言ったおかしなツッコミもなかったですし、やっぱり比べてしまいがち。

とは言え、ゲームのアイデアは結構面白かったです。
冒頭1発、見せてくれる掴みのゲームがあるんですが、アイデアはいいけどメイクがチャチいのに先々不安になりました。

この映画、決定的につまらなくしている要因はキャストだと思いました。

まず、ヒロインに華がなく行動1つにしても感情移入ができない。(ちょっとネプチューンの名倉さんに似ている)
その他のキャストも、すっごくイライラする!
その中で双子キャラが生きてたのですが、せっかくだからもう少し頑張って欲しかったなぁ。ゲームのシーンが変に長引いたのには退屈してしまいましたが。

肝心の犯人ですが、この作品は犯人探しが趣旨ではないんですよね。すぐに姿を現しちゃいましたから。
結局、この犯人が「どうして」そんなゲームを計画して行動に起こしたのか、「どうして」その人選なのか、かなり疑問を残したまま終わってしまいます。

いや、この犯人にはちゃんとした理由があるのですが、それが分かったところで「どうして」そんなにリスクを犯してまでそのゲームを考え付いたのか私には謎です。

隠しカメラの位置やコードや、何もかもが中途半端!

かと言って、沢山放出されるホラー映画の中では普通に見れる作品ではありました。
『SAW』と同じ土俵にいれようとすると、ちょっと辛く見てしまうんですけどね。

ラストも凄く中途半端で、あんなラストならいらないと思いました。

ただ今、これの7作目がレンタル中です。
1作目の評判は良いんですけどね(;^ω^)

まぁとにかく普通に見れる作品ではありましたが、もう少しキャストに華が欲しかったですね。

わざわざ人に薦めはしない作品・・かも。


↓以下ネタバレ↓







双子キャラのゲームの時、一応は密室で拷問のようなゲームが繰り広げられているのですが、板の隙間から他のメンバーがそれを見つけ、助けようとするんですけど結局は間に合わない。

でも、ゲームが終わってからヒロインがアッサリとドアを開けるんですよね。
ドリルも簡単に取っちゃう。

あの~~・・・もう5分早くそれをしてくれてれば、双子達は助かったと思うんですけど。

それと、暗闇が怖いと言っていたココリコ田中似の男の子ですが、この人も痛い目に遭うワケですが、最後にすっごく悲惨な終わり方をしていました。

彼を結局は殺した形になる女の子ですが、怖がってるワリにはやってくれるじゃない!!(笑)


(エファ)    07/07/23

JIGSAW ゲーム・オブ・デス [DVD]JIGSAW ゲーム・オブ・デス [DVD]
(2007/02/02)
アリシア・カッチャーエリン・コンサルビ

商品詳細を見る


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

JIGSAW デッド・オア・アライブ (2006)PageTop脱出 (1972)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/85-9e814b2b

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。