スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

オーディション (2006)

アメリカ産ホラーです。

日本の三池監督での『オーディション』と言う作品も存在しますが、そちらとは何の関係もありません。


従兄弟同士のジェームスとヴォーンは、ハリウッドに住むジェームスの妹のサラを尋ねる。
サラには同居している女性が1人いて、彼女は女優のタマゴ。
その彼女のツテから、ある建物に呼ばれてオーデションを受ける事になる。



パッケージのインパクトから凄く期待が高まりますが、「どうせ内容とは関係のないパッケージでしょ!」と思っていたら、ちゃんとこういうシーンは用意されていました

とは言え、ジェームス、ヴォーン、サラ以外のキャストの名前は忘れてしまいました(;・∀・)
同居人である女優さんが唯一美人なのですが、ちょっと筋肉質でセクシーには見えなかったのが難点・・かな?
彼女は売れない俳優から誘いを受けて、ある監督のオーディションに参加するワケですよ。
この売れない俳優さん、クリスチャン・スレーター甲本雅裕さんを足した感じ。

オーディションと言うのは全くの嘘で、映画の序盤で「行方不明者が続出」と言うような触りがあるんですよね。それに関係してくるワケです。

サイコ野郎の監督が人を追い詰め、自分の好きなように殺していく様を手下を使って写真やビデオに収めていくんです。

この監督が微妙に男前でストーリー上は完全に病気なのですが、ちょっと応援したくもなったり・・(笑)

確かにパッケージのようなシーンもあったりそれなりの描写もあったのですが、「スプラッタ」の域にまでは達してはいません。

ヴォーンなんて1番先に殺されるであろうキャラなのに、もしかしたら1番幸せで美味しい役どころかもしれない。

完全にサイコなはずの監督なのに、ココ1番で甘い!
ンまぁ超ドSな監督なんですが、詰めが甘いんですよ。

監督の手下である大きくて無口な男なんですが、何となくシド・ヘイグ
強いのかと思えば女の一撃で呆気なくダウン。
しかし、やっつけたと思ったら実はまだ生きててまた襲ってくる・・ってのはパターンじゃないですか。
だから、バタッと倒れた男の手元にナイフが転がったまま通り過ぎる主人公たちにイライラ。




お願いだから、とどめを刺してから安心してくれ!!


まぁでも良くできてた作品だと思います。
もう少し早い展開とグロを用意してくれれば、尚良かったと思いました。


↓以下ネタバレ↓







「ジェームズごめん」と注射を打つサラ。

ジェームズは死んだと思ってたけど、ちゃんと治療までされて解放!

サラは監督に連れて行かれちゃったけど、どうしてジェームスを解放しちゃったのか分からない。アシが付くじゃない!

今まで凄い数の犠牲者を出したサイコ野郎・・みたいな感じですけど、今回の主人公たちは言うほど悲惨なメに遭ってないような気がする。

「もうこんな仕事やめたい」と言い出した男の殺し方は見せ場だったけど、サラの同居人は焼却炉にポイで終わり。描写もナシ。

ヴォーンは毒に侵されたまま、良い奴として終わり。描写ナシ。

拷問的描写はサラだけ。

この手の作品は、犠牲者達がもう少し酷いメに遭ってナンボだと思うのですが。

なので、惜しい!と思いましたね。
ちなみに『オーディション2』も出てます。しかもキャストがエドワード・ファーロングランス・ヘンリクセントニー・トッドと何ゲに豪華(笑)

(エファ)    07/08/08

オーディション [DVD]オーディション [DVD]
(2007/08/03)
ドミニク・キーティングザック・ウォード

商品詳細を見る



スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

ファナティック (2006)PageTopエルム街の悪夢 (1984)

Comment

三池監督のオ-ディションは
大好きです。今は商業主義に染まり
クソ映画ばかり撮ってますけど
殺し屋1も,なかなか面白いです。

>シンさん

「キリキリキリキリ~~」ですね♪

あ~~そうなんですよね。分かります分かります。「オーディション」「インプリント」なんかは振り切ってて凄く楽しめたんですが、「クローズ」なんて私は原作ファンなので憤慨ものでした。
「愛と誠」はそこそこ高評価のようですが、どうなんでしょうね?私はこちらも原作ファンですので、何となくクソ真面目な話をバカにされてるような気になります。

「殺し屋1」も頑張ってましたね。
原作漫画持ってますが、ちょっと読み返す気になれません(^_^;)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/77-bb24d11a

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。