FC2ブログ

NO EXIT (2015)

私は元々ストックするのが好きで、ここ10年くらい欲しいな~と思いながらもなかなか手を出せない物がありました。
それは冷凍庫(´∇`)
そもそも私はコストコが大好きなので、お買い物に行く度に冷凍庫のスペースを考えて購入せねばならず、あ~これ欲しいけど買えない・・というちょっとしたストレスみたいなものがあったんですよね。
そして今回、この自宅自粛の機会をキッカケとしてついに冷凍庫購入に至りました!(*^^)v

ニュースで流れる都心などは人の流れも減ってるようですが、下町など小さな町のスーパーなどは結構人がいます。
家族連れで来店し、マスクもつけず走り回っている子供もいます。なんだかなーです。
なるべく食料品などのお買い物にも出かけなくてもいいよう、お肉などまとめて購入して、新しく来た冷凍庫に詰め込んでます。
お給料が滞っている中で痛い出費でしたが、ずっと欲しかったものなので満足満足です♪


今日はNO EXITと言う映画なんですけどね。
まぁ簡単に言ったらドント・ブリーズみたいな感じです。多分どこのレビューサイトでもそう言ってるんじゃないかな。

ブレアは恋人のオリーとコンビを組み、留守の家を狙って盗みをする空き巣稼業を続けてきたが、そろそろ足を洗いたいと考えていた。
最後にしようと考えたヤマでしくじり、警察に捕まってしまったオリーを保釈するため、ブレアはマフィアに借金をしてしまう。
そんな2人に、やはり犯罪者であるブレアの兄コナーから、ある豪邸に忍び込もうという提案が届き、彼女は本当に最後の仕事として引き受ける。
簡単な仕事だと思い、ブレアたちは首尾よく忍び込むことに成功するが、彼らがそこで目にしたのは、数々のトラップが仕掛けられた恐るべき拷問部屋と、
監禁され鎖につながれた若い女だった…。(Amazonより)


no exit

ドント・ブリーズ、そしてワナオトコを彷彿とさせる宣伝文句です。
私はプライムで見たのですが、そこの説明文には「ある夜に侵入した別荘は実は連続殺人犯の家で、そこに若い女性が囚われている事に気付き、彼女を救おうとするが・・」とか書かれていたんですよ。
しかも拷問部屋が!とか!!

拷問大好きの私としては避けては通れない道ですよ( ´艸`)

ですが結論として、この映画はハズレでした。
私が想像していたような緊張感溢れるホラーではなく、8割くらいコメディが入っているんですよね。

冒頭、泥棒カップルが「これが最後にしよう」と入った邸宅で急に住人が帰宅すると言うトラブルがありましてですね。
住人夫婦が帰ってきたと思ったら、それは奥さんと浮気相手だったんですよ。
ヤバい隠れろ!ってんでクローゼットに隠れたら、今度は住人の旦那が奥さんの浮気を疑って銃を片手に帰宅するワケです。
こちらもヤバい隠れろ!と、浮気相手の男が泥棒カップルの隠れているクローゼットに入ってくるんです。

このシークエンスだけで、変な笑いを誘うコメディなんですよね。
で、なんだかんだあって次こそ最後の仕事だってんで、泥棒カップルと男二人が加わって4人で殺人鬼の邸宅へと忍び入るワケです。
この男二人がまたコメディ担当の人物でして・・

忍び入ったはいいけど、特殊な鍵と防弾を施した窓のおかげで外に出る事ができず、まるで迷路のような家で殺人鬼に追い回されるってのが流れです。

殺人鬼に追い回されてギャーーッ!!ってな事になるのですが、このギャーーッ!!ってシーンが全くと言っていいほど映りません(`Δ´)
それも同じようなシーンが続き、ぜんぜん見せてくれないやーーん!!とフラストレーションが溜まります。
いや、もう冒頭のコメディシーンで覚悟しておかなければならなかったのでしょう・・。
全然死んでくれないし!

ラストは少し捻りを加えてはいましたが、「うわー!ラストで全てもって行かれたー!!」となるほどではなく、総評として「つまらなかった」と言う部類に入ります。
殺人鬼も「とんでもないビジュアルが出てきた!」ではなく、普通のおじさんでしたしね・・。

ちょっと変わってるなーと思ったのは、登場人物のうちアジア人の割合が多いなってところ。
よく見たら監督もアジアの方でした。
80分と言うランニングタイムだったので、何とか最後まで見られたって感じです。
原題はCRUSH THE SKULLと言うのですが、ラストにヒロインがタイトルを叫んで終わる・・ってのは斬新だなぁといった印象です。

ラストにこのセリフを吐きたいために、全ての脚本を作ったのかな?と思ってしまいました。
と言うワケで、この映画はお勧めいたしません(^^;)
ちょっと似た感じでのホラーコメディだったら、壁の中に誰かがいるをお勧めします。
今考えたら、ワナオトコはこのクレイヴン壁の中に誰かがいるに着想を得たのかしらん?

(エファ)



スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

デス・ロード 鮮血 (2007)PageTop地下に潜む怪人 (2014)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/716-842b7eed

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム