スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

セデック・バレ 第一部:太陽旗 (2011)

あ~観点が違うと、こうも全然違う映画になるか~・・と思いました。
この映画は史実に基づいて製作されたものなのですが、文明とは離れた部族が出てくる物語でして、先日見た食人族とどうしても比べてしまうところがあります。
作風から言ってもこの2作はベクトルが違うので比べるのはお門違いな事は百も承知ではありますが、誤解を恐れずに言わせていただくと、通ずる部分が少なからずあると感じました。


日本統治下の台湾で起こった壮絶な抗日暴動「霧社事件」を映画化した第1部。台湾中部の山岳地帯に暮らす頭目のモーナ率いる狩猟民族・セデック族。住民たちが日本の統治に不満を募らせる中、日本人警察官とセデック族の若者が衝突し…。(DISCASより)



4932545944418_1L.jpg


物語の主人公はモーナ・ルダオと言う勇者でして、映画冒頭は勇者となった青年期の輝かしい活躍が展開する。
同じ部族でも地域によって「狩り場」が決まっていて、いわゆる縄張り争いで殺し合いもしたりするんですよ。で、この部族たちには首狩りと言う習わしがあって、敵の首を狩る事によって勇者扱いになるんですよね。

獣を狩ってその場で生でむさぼるシーンなんかは、全くもって「食人族」を彷彿とさせます。
「食人族」と違うのは、ビジュアルです!
この映画の部族たちはイケメンが多いのです!!

主人公のモーナイ・ビョンホン似のイケメンなので、「食人族」などの野蛮さは微塵も感じません。あ~・・やはり世の中顔かぃ・・。

ところが映画中盤にさしかかると、時は流れてモーナは壮年期に早変わりしちゃいます。
イケメンだったモーナが早々とおっさんに!
「えーっ。主人公おっさんかーい!」と思いながら見ていたのですが、このおっさんが実に渋い!
おっさんになったモーナは頭目と出世していて、地域の若者からの信頼は絶大。

しかし、この頃には統治している日本人が部族の皆さんを結構な勢いで抑えつけていて、部族の皆さんの限界もピークに。

モーナは言います。
「野蛮にも誇りはある!」と。
これ聞いて「食人族」とピッタリ重ね合わせちゃいましたね。

かなり独特の作風で、物語の序盤は映画に入り込む事がなかなかできなかったのですが、後半にはもう虜になっちゃいました。
この映画、めちゃくちゃカッコいいです!
このカッコ良さは日本人監督じゃないよね?と思って調べてみたら、ウェイ・ダーションと言う台湾の監督さんでした。

部族たちが踊り歌いするさまも、非常に美しく素晴らしいものがあります。
彼らは現地の人じゃないよね~?ビジュアル良すぎるしねぇ。

日本人俳優さんたちもなかなかのラインナップでしたよ。
安藤政信さんはお顔が美しすぎて浮いてました(^^;)
キム兄も出てて、ムカつく役どころを上手に演じておられました。あと、誰だか分かんないけどめっちゃムカつく日本人いたのよ。あの人誰だろう~。

この映画は2部作となっていて、後編まだ見てないんですよ。
我慢できないので今から見ます!
絶対可哀想な展開になるに決まっているので、見るのなんだかつらいんだけども。

日本と台湾の歴史に、こんな事があったなんて知らなかったな。
結局戦争にどっちが悪いとか決めつけられないんだけどさ。いたたまれないね。


セデック・バレとは、真の人と言う意味。


(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

クロニクル (2012)PageTopスウィートホーム (1988)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/637-94764fce

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。