スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ロッキー・ザ・ファイナル (2006)

映画『ロッキー』を知らない人なんて、あまりいなんじゃないでしょうか。ましてや、「映画が好き」と仰る方なら必ず目を通していると思います。大してスタローンのファンじゃないとしても。
『ロッキー』が本国で公開されたのは76年。去年でちょうど30年の節目と言う事で企画された、『ロッキー』としての最終章。

これを見る前に、既に見た方でも『ロッキー』を再度見る事をお勧めします。その方が、より一層心に深く響くと思いますよ。
なぜなら、『ロッキー』と同じシーンが沢山出てくるのと、物語はラストにして原点に帰っているからです。


r087925665L.jpg


シルベスター・スタローン主演の人気シリーズ最終章。妻に先立たれ、息子ともうまくいかないロッキーは、孤独感を拭うためボクシングを再開。やがて大観衆が詰め掛けたラスベガスのリングで、ヘビー級チャンピオンに挑む。(DISCASより)



ボクサーに返り咲こうとするロッキーを、息子が制止するシーンで「過去に囚われるな!」とロッキーが息子に向かって言うんです。が、それは自分に言っていたのだと思います。
このファイナルでは、かなり女々しく孤独の中をもがき悲しむロッキーが映し出されています。思えば『ロッキー』もそうでした。エイドリアンと出会う前、ロッキーは落ちぶれボクサーだった。

スタローン自身、この作品にはかなり思い入れは深いと思います。
全く売れない駆け出しの俳優だった頃、あるボクシングの試合を見て心を動かされ、自ら書いたシナリオを売り込んで作り上げた作品です。しかも自らの主演に拘ったゆえに超低予算を強いられ、かなり厳しい条件下での完成でした。
そしてヒットし、彼は瞬く間にハリウッドスターになりました。まるで『ロッキー』です。
スタローンは自分を『ロッキー』とシンクロさせているのではないでしょうか。

舞台はもちろんフィラデルフィア。美術館の大階段のシーンも出てきます。

映画の中で、現役チャンプのディクソンとエキシビジョン・マッチで戦う事になるのですが、全くガードできていない!シフト・ウェイトがなってない!ンもぉーーっ!!・・・と、気が付くと本当の試合を見ているような気分になっていました。
それほど、リアルな試合風景でしたよ。

ディクソンを演じるのは、当時ライトヘビー級の現役チャンピオン・アントニオ・ターバー。本物のマイク・タイソンも出てきたり、ちょっとビックリしました。

息子役の俳優さん、本当にスタローンの息子か?と言いたくなるくらいよく似ていました。偉大すぎる父親を持つ息子として、上手に演じていました。

あまりにも打たれ過ぎるロッキーを見て、少しイライラしましたが、それこそがロッキーなんですよね。打たれ強さ、それこそがロッキー。

ファイナルを作り終えて、スタローン自身が1番感無量だったのではないでしょうか。彼は今回、監督・脚本・主演と、本当に見事に多彩振りを発揮させたと思います。
比べてよく見られるシュワルツェネッガーのように何本もヒットはないにせよ、彼はロッキーのように粘り強く、そして熱い人なんだと感じました。

ライセンスを取得しようと立ち上がるまで1時間、少し寂しいロッキーの心情が見ていても辛いです。そしてラストの試合シーンでは、「出来すぎだなぁ」とも見えました。

それでも30年の長きに渡って愛される映画『ロッキー』を、キレイに完結させたと思います。

お勧めします♪

(エファ)



スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

降霊 (1999 日本)PageTopクライモリ (2003)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/628-4492e56d

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。