スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

マーターズ (2015)

今日は車をチョロっと走らせて、比較的近い映画館で「レヴェナント」を見てきました。
じゃあ何で「レヴェナント」のレビューじゃないんだって話ですが、何かまだ頭の中でまとまってない感じなんですよね。
「えっ、いっつもそんなに整理してから書いてるようには見えないが?」って声が聞こえそうですが、そんな声は無視って事で。

普通に車を走らせれば30分ほどの距離なんですが、今日は帰省ラッシュだったのでしょうか。
西行きがめちゃくちゃ混んでて、お陰で巻き込まれて相当の時間を費やして帰宅しました。みんなご苦労様だねー。練馬ナンバーとかいたよ。今から西へ向かってどこへ行くのだろうか。


4988166100252_1L.jpg


知らなかった~
いつの間にハリウッドリメイクされてたのやら。ほんで、気が付いたらレンタルすらも始まっていたというね。
何で私のアンテナに引っかかってこなかったのか。・・と言う謎は見た後に解けた。

そもそも近年においてのハリウッドリメイクって、私には解せないところがある。
マイナーな監督が数十年前に作り出した隠れた名作を、現代のハリウッドで蘇らせ人々に名作の存在を知らしめる!・・といったリメイクなら私は大歓迎なのである。どの立場で言いよんねん・・といった話は置いておいて。

だけど、近年はアメリカ以外で作られて評価が高かった作品が1年もしないうちに「リメイク化決定!」となるのである。
オリジナルを超えるのは至難の業だと言う事は百も承知だろうに、そんな事はお構いなしで「あやかり」だけを狙っている風潮を感じざるを得ない。
リメイクされる側は光栄至極と受け取っているのだろうか。

こんな文句も言いたくなるようなリメイクだった。
パスカル・ロジェ監督のオリジナルがなく、このハリウッド版が先駆者だったとしたらとても良く出来たホラー映画だったに違いない。

私はロジェ監督の「マーターズ」を初めて見た時、マジでド肝抜かれる勢いだった。
こんな暴力的で尚且つデリケートな作品は類を見ない。なのに何度も見たいと思わせない不快感も兼ねている。
事をただせば意味不明で理解不可能な筋書きも、この作品の凄まじい勢いの前では小さな事としてとらえてしまうか、もしくは芸術的な範疇ととらえかねない。

物語を全く説明していませんが(笑)

オリジナルを見た方はリメイクを見る必要はないし、どっちも見てないって方はオリジナルだけを見ればいいと言う話です。
リメイクの何が私にとってダメだったのか。

まずは絶対的な暴力描写が欠如していた事。
意味もなく殴られ続け、変な物体を口に押し込まれ生き地獄を味わう壮絶な無力感。少女の絶望。これが全てカットされていた。
リメイク版のジャケに載っている女も、これってリメイクに出てきただろうか?
オリジナルでは相当な存在感だったのだが。

そして組織の長であるババァ。
オリジナルは「このクッソババァ~!!」と言う風体だったのが、リメイクではやや綺麗めなおばはんだった(笑)
きっと目玉であるはずの背中の皮剥ぎも、予告でサラッと使っている。あーあ・・。

o0426024013619239680.jpg


↑このババァがとにかくムカつく。
そんなに知りたきゃ自分でやれ!凸(゚Д゚#)

ここまで書いてて、実は私はあんまり「マーターズ」は好きじゃない。
不協和音がザリザリと私の腸を掻き毟るからだ。

どう考えても、ロジェ監督の「マーターズ」は手直しする部分が1ナノも見つからない。
このリメイク版が私のアンテナに引っかかってこなかったのは、恐らくこういう事だったのだと思う。
同じホラーファンとしての他の皆さまの意見も聞いてみたいところ。
結構覚悟しながら再生したんだけどなぁ。

(エファ)



スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

きみはいい子 (2015)PageTop怪談新耳袋 劇場版 (2005)

Comment

いつものハリウッドリメイク

俺は最近、だんだんと仕事が嫌になってきてしまって、転職とか考えてるんですが、年齢が年齢なのでなかなか。出来ればもう、働きたくないくらいですけどね。好きでやってる仕事だけど、職場はツマらないし、収入的に、老後も不安なのです。

…と無駄話かましてしまいましたが、コレはほんと、最悪なリメイクですよね。個人的には、直接描写が少ないのとかはあまり気にならなかったんですが、とにかく、無駄な説明台詞が多すぎて、興醒めにもほどがあるっつう感じでした。オリジナルの不条理感の欠片もない。あと、ハリウッドお得意の救出ミッション。なんでこの作品に必要なんですかね。

今年最大の目玉として、去年から待ちこがれてたのに、あまりにも残念。まぁ、いつものハリウッドクオリティですよね。ぼくのエリ(モールス)の方が、だいぶマシなリメイクでした。

>ビヨンドさん

結局職場って人間関係だよなー・・と、去年辞めた時に心底思いました。
給料がどうのとか仕事内容がどうとか、そんな事より人間関係。
ビヨンドさんの年齢がいくつなのか分からないけど、ツマらない職場に定年まで勤めあげるのはもったいないですね。時間が。
辞めるのは正直いつでもできるので、「今日で辞めよう」と騙し騙し出勤し、本当にダメだと思ったら転職もアリなんじゃないですかね。

そうそう、不愉快なほどの不条理感がゼロでしたよね。
途中でヒロインが変わるといった捻りもなく、何か友情なのか愛なのかをほのめかせてエンド。ホラーに生ぬるさはいらないってのに。

「モールス」ね~!忘れてた(笑)
「ぼくのエリ」(この邦題もどうなの)がリメイクされるって決まった時はムカつきを覚えましたけど、見てみたらまぁ何とか頑張りは見えたので許せる範囲内でした。
しかしあれもオリジナルの世界観が完璧すぎたので、わざわざリメイクってのも分かりかねますけどもね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/621-ac87d760

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。