FC2ブログ

悪魔のいけにえ (1974)

ホラー好きを謳う上でこの作品をまだ見ていないとなると、ハッキリ言って「モグリだ!」と言ってしまいたいところですが、百歩譲って「損してますよ」とは言いたい。
とにかく、世にあふれるスラッシャー映画のバイブルとも呼ばれるこの作品、若きトビー・フーパーがデビュー作にして名作を撮ってしまった事1つを挙げても、紛れもなくホラーの奇跡なのだ。

旅行中の若者5人がテキサス州を通りかかった際、偶然立ち寄った不気味な一軒家で狂気に満ちた殺人一家に出会ってしまった事から若者達に不幸が降りかかる。

なんとストーリーはこんなに単純。
そもそもこれは、テキサスで本当にあった電動ノコギリ大虐殺事件の犯人であるエド・ゲインがモデルとされており(レザーフェイス)、映画冒頭にもテロップで経緯が流れる。 そしてカメラワークも狙ってなのか予算不足からなのか、ドキュメント風になっている。

ホラー中の傑作と言われるこの映画は、殺人シーンやグロいシーンなどはほとんど無くそのものズバリを見せない。



なのになぜ怖いか。



テキサスのうだるような暑さの中、体中に纏わり付く汗、そして熱風で吹き上げられた砂塵が乾いた口の中へズカズカと入り込んでくる。
ねっとりとした生理的嫌悪感が、そこにはある。


淡々と若者達が犠牲になる中、悪趣味の極致とも言える人骨等で作り上げられた家具装飾や、殺人一家の家庭内部の背景や気持ち悪さをクドいくらい出してくる。
サントラは一切なく、チェーンソーの音やヒロインであるマリリン・バーンズの絶叫のみで恐怖を奏でているのだが、恐怖を演出するはずのサントラが恋しくなるほど心細さを感じる。

ところが、レザーフェイス登場のシーンではなぜか爆笑してしまった。あの素早いコミカルな動きに可笑しさを感じてしまうんですよね(;^ω^)
しかもドン臭いし!


一旦は廃盤となってしまったこれのDVDはレアものとして取引されていたのだが、2007年めでたい事に再発になったので嬉しい事この上ありません。
名作ゆえにこの映画のファンは多いですが、監督の意に反して『悪魔のいけにえ2』の評判は悪く、無かった事にしてしまっている人も少なくないようです。
しかし私は、デニス・ホッパーの頑張りもあってか嫌いではありません(笑)


ラスト、ドーーン!と突き放されたような終わり方、監督のセンスが成せる技か壊れかかった頭の出した演出か、傑作と言われる見事な締め括りだったと思います。

でも、あのトレーラーの運ちゃんはその後大丈夫だったのかしらね?


1つ、再発は嬉しい事ですが、ビデオで見た荒い映像がこの映画の出来栄えをパワーアップさせていたのに対し、キレイに画像処理されてあったのが少しもったいないかな・・とは思いました。

ホラーが好きでまだ未見の方、ぜひどうぞGOOD

(エファ)

何となくモデル風のポージング(笑)

悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]悪魔のいけにえ 特別価格版 [DVD]
(2009/01/30)
マリリン・バーンズポール・A・パーテイン

商品詳細を見る



この映画は
まさに奇跡の作品ですねぇ

実際監督のトビー・フーパーさんは
この映画を成人指定映画にしたくなくて
調整、調整で作ったらしいですが(実際直接的な残酷描写がないのもこのため)
結局フタを開けてみれば
成人指定にされちゃったというオチがついた映画です(笑)
でもそんな紆余曲折を経て出来上がったのは
至高の作品!

後の数々のホラー映画が
「悪魔のいけにえ」テイストの映画を作っても
なぜか超えられない高い山・・・
ってか
続編やリメイクすら残酷描写をふんだんに使っても
いい出来ではあるのに
このオリジナル1作目に届かない・・・

やはり
この映画
ホラー映画の奇跡の1作でしょうか

残酷シーンはちょっと苦手・・・
な方もご安心を
この映画
残酷シーンございません

ただ・・・
なぜか
残酷シーンを観たような気がする・・・
そんな映画がこの作品!

お勧めです!!

(ひろろ)


スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

ツイてない男 (2007)PageTopGUZOO~神に見捨てられしもの~ (1986 日本)

Comment

テキサスチェンソー

とかは見ました。悪魔のいけにえのリメイクと知らず…種類あり過ぎです。 エド・ゲインとはかなり離れてますよね彼は死体愛好者ですよね? 彼の本当の事件を「エド・ゲイン」と言うタイトル映画あります。グロいです。

悪魔のいけにえの監督はスパイダーマンもでしたか?違ったかなぁ。最新映画「隣の家の少女」があります。実話を小説化した映画です。日本のコンクリート事件と重なり凹むかも知れませんけど…

>冬もホラーさん へ

冬もホラーさん,今晩は。

>悪魔のいけにえの監督はスパイダーマンもでしたか?違ったかなぁ。

『スパイダーマン』のサム・ライミ監督でしたら,
『死霊のはらわた』の方の監督さんです。
『悪魔のいけにえ』のトビー・フーパーさんは
『ポルターガイスト』,『スペース・バンパイア』
が有名です。
ところでこの70年代が生んだ傑作ホラー映画の『悪魔
のいけにえ』ですがかつてマンガ家の藤子不二雄先生も
褒めておられまして,小生はレンタル・ビデオ屋さん
の閉店にともなう中古VHSソフト叩き売りにてGET
いたしました。勿論,高画質ではありません(^^)
ちなみに帰宅してパッケージを開けるとなんと中身は
『悪魔のいけにえ2』ではありませんか。無論,お店に
とってかえし交換してもらいました。『2』のテープを
ダビングしたことはナイショであります(^^;

>冬もホラーさん

エド・ゲインをモチーフに作られた作品と言えば、『羊たちの沈黙』のバッファロー・ビルもそうでしたよね。
私はやっぱり『悪魔のいけにえ』の方がピンときてしまうんですけども。
ちょっと思い出せないので、もしかしたら『エド・ゲイン』の方は見てないかも!確認してみますね。

snowmanさんの仰る通り、『スパイダーマン』はサム・ライミですね。
今やサム・ライミと言えば『スパイダーマン』の監督と言うイメージが強いようですが、私はまだまだ『死霊のはらわた』のサム・ライミです。

『隣の家の少女』はジャック・ケッチャムの小説の映画化ですね。見ました。
原作よりはソフトな描写だと思いますが、それでも鬼畜の所業を目の当たりにするのは辛かったです。
『アメリカン・クライム』も同じ事件をモチーフにした映画です。良かったらそちらもどうぞ。エレン・ペイジが主演です。

こんばんゎ。

Snowmanサン…そうでした。勘違いしてました。ありがとうございます。


アメリカンクライムはまだ見てません。レンタルがまだ貸出で逢えてません。
羊たちのはレクター博士出番短いのに迫力ありましたね。モデルのアルバート・フィツシュですよね? バッファロービルはモデル3人ですよね?

そうそう一応韓国のスプラッターと言われてる。 「師の恩」ってのがあります。う…有名な俳優の記憶ありませんけど…案外血出ます。

>冬もホラーさん

レクター博士のモデルはアルバート・フィッシュを含め、ヘンリー・リー・ルーカスなど数人いるとされていますね。
バッファロー・ビルもだったかな?いろいろごちゃ混ぜにされてるんでしょうね。

おお!『師の恩』って私がずっと気になってる映画ですよ。
あ〜・・やっぱり買うべきでしょうかね。安くなったしね〜。

奇跡

ある意味、偶然の産物とも思える奇跡の作品ですよねー。血や残酷描写がそれほどあるわけでもないのに全編漂う恐怖感に不快感!ホラー映画の至宝ですね。今作と「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」がゴッホやピカソに並んで美術館に収蔵されているのも納得です!?

>sasuperia2redさん

お金かけなくてもこんなに凄く怖い映画が作れますよ、っていう典型のような作品ですね。
だからと言って誰も真似できないでしょうけど。
これのリメイクはまぁまぁ頑張ってましたけど、到底オリジナルを超える事はできませんね。
フーパー監督は、この作品を作るために生れて来たのかもしれません。うんうん。

元モグリのホラー愛好家ですw

やっと観ましたよ。確かに直接描写無いのに、
ものすごいグロ映像を見たような気分・・。
人間の想像力って怖いですよね~w
↑お前がな。

>リトラさん

ようやくご覧になられましたか~( ̄▽ ̄)フフフ

非常に不気味でキチガイじみた作品ではあるんですが、2度3度と見るとコメディに見えて来ますよ。
想像力を掻き立てる映画って好きだなぁ~♪

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/6-5c0c7594

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム