スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

クライモリ デッド・パーティ (2012)

1作目の「クライモリ」が出たのが2003年。
次々と続編が出続け、あれから11年で今回で5作目にあたります。

えっ
もう5作目?そんなあなた、どんなんだったか忘れちゃってませんか?
私もおぼろげなので、一緒に復習してみようじゃありませんか。


1作目の「クライモリ」ロブ・シュミット監督。
ヒロインにタレ目女優のエリザ・ドゥシュク。タイトル通り真っ暗な森が舞台になっていて、奇形の怪物くんがザッパザッパと若者たちを血祭りにあげ、グロさもお見事。
食人兄弟はまるで「サランドラ」のリメイクかと思わせたほどで、キャラも立っててシリーズ1番を誇る面白さでした。

そして2作目は「クライモリ デッド・エンド」
監督はジョー・リンチ。詳しくはレビューを読んでいただければ分かりますが、こちらは少しコメディも入った変わり種でして、まぁそれでも工夫が見られたので楽しめました。

3作目からデクラン・オブライエン監督にバトンタッチ。それが悪かったんじゃなかろうか?
「クライモリ デッド・リターン」
2作目がそこそこ良かったのに、3作目で失速。怪物くん・脱走した囚人たち・若者の三つ巴戦だったと思うんだけど、ほとんど記憶にないなぁ。

2011年に4作目の「クライモリ デッド・ビギニング」
こちらもデクラン・オブライエン監督が続投。3で失速気味だったのに、なぜ続投するんだよぉぉ・・

ビギニングを謳ってはいるが、ビギニングな感じは映画冒頭のみだったような。
怪物くん達は先天性無痛症だと言う事が明らかになり、舞台は雪山の廃墟と化した病院。そこですったもんだの大騒ぎさ!
1番好感持てそうな若者が、生きたままオイルフォンデュにされるシーンは「おお!」となりましたが、後はノーインパクト・ノーライフです。

さっさと作った今回5作目の「クライモリ デッド・パーティ」
もちろんお馴染デクラン・オブライエン監督。


ウェストヴァージニア州の片田舎でマウンテンマンと言うフェスティバルが開催され、そこに今回の犠牲者である若者5人がのこのこ殺されにやって来る。
が、ひょんな事から保安官に逮捕され、怪物くんの一味と一緒に留置場に入れられる羽目に。



映画の冒頭、タイトルコールの部分が凝ってましたが、同じ監督なら4の時にやって欲しかったですね。せっかく指1本欠落させてんだからさ。

今回の見どころは、恐らく怪物くん達のボスに凶悪犯である人間のおっさんが収まってると言う設定なんでしょうけど、理解不能で人間と一切意思の疎通ができないであろう怪物くんが、むざむざ人間のおっさんの言いなりになってるなんて、もう私としては残念な設定でしかありません。

留置場に入れられたおっさんを助けるため、怪物くん達はフェスに出かけてガラ空きになった町を襲いにやって来ます。
若者5人と女性保安官、そしてトラ箱に入れられていたおっさんが犠牲になっていきます。

こういったスラッシャー映画には、「ああ、こいつは殺されるな」と言う真っ先に殺され要員がいるじゃないですか。

この作品の登場人物たちは、みんながそうです。
頼りがいのある人物は皆無。みんなアホなんです。何度も失笑しました。
ある登場人物が「私ったら何てバカな事をしてしまったの!」とかぬかすんですが、「はいはい、みんなそう思ってますよ!」と笑ってしまいました。

電話も不通になり停電にもなってしまい、保安官はトラ箱に入っていた酔っぱらいに車のキーを渡し「助けを呼んで来て」と言うのですが、怪物くんのボスだけ牢屋に閉じ込めておいて、一般市民を全員車に乗せて逃げれば済む話ですョ!

怪物くん達に都合のいいように犠牲者が次々やって来て、そんでもってあの手この手で殺されるのみです。
ストーリーも何もあったもんじゃありません。
怪物くん達のボスである、人間のおっさんが延々と牢屋で「わっはっは。お前たちは殺されるのだ。わっはっはわっはっは!」アニマル浜口のように笑ってるだけで、何がおもろいんじゃって話。

実はですね、この調子に乗りまくりのおっさん。
ダグ・ブラッドレイなんですよ。

そうです。「ヘルレイザー」でお馴染のダンディーなおっさん、ピンヘッドなのです。

もうね~~~~
監督はピンヘッドを出したいがために、無理やりこんな面白くもない脚本をねじ込んだとしか思えないんだよね。

whoopie!whoopie!と心躍るようなお食事シーンもありません。
やっぱり1作目は相当面白かったですね。

取りあえずは監督交代してみてはどうでしょう。
クライモリのファンは少なからずいるでしょうから、みんな期待してると思うんだけどね。



クライモリ デッド・パーティ [DVD]クライモリ デッド・パーティ [DVD]
(2012/12/05)
カミラ・アーフウェドソン、ロクサンヌ・マッキー 他

商品詳細を見る


↑このジャケ、少女の後ろの方でヤング達がキャンプファイアーしてかっぽれかっぽれ踊ってますけど、こんなシーンないもんね。

本当につまんなかった。


(エファ)


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

ミッドナイトFM (2010)PageTopシャーク・ナイト (2011)

Comment

やはり第一作が一番ですね~Amazonで最初に購入したソフトです。

>クリコさん

そうなんですか~(=^・^=)
それは思い出深い作品ですよね。しかしよく覚えておられますね!

檻に入ってる間に始末しろ馬鹿女とイライラしっ放しだった前作。またもやイライラするなら、5を見るべきか、見ざるべきか?

>亀さん

はははっ!
分かります分かります~(^◇^)

しかし、恐らく5でも

> 檻に入ってる間に始末しろ馬鹿女

と思う事間違いナシですよ!(笑)
でも新作で借りるにはもったいないので、旧作になってからでもいいかもしれません。

無能警官

私は馬鹿ップル殺害も好きですが、無能な警察官に鉄槌が下るのも好きなんですよね。
鑑賞したら2つ共にあったのですが、心晴れ晴れとはいかなかったです。
人里離れた山奥でこそ彼らは輝くと云うのに、街中で大暴れとは…コレジャナイ感が一杯でした。

>亀さん

バカップルに無能警官、確かにどちらも鉄槌が下されていましたね。
そして心晴ればれといかなかったお気持ち、とーーーーってもよく分かりますよ!アホばっかりでしたから。
緊迫感と言うか、ハラハラ感を脚本が台無しにしていましたよね。
「クライモリ」の続編だと心しているのでしょうか。

亀さん、新作料金で見られたのですネ( ̄∀ ̄)

いつの間にか

エファさんお誕生日おめでとうございます!良い年になるよう陰ながら祈っております。

さて今作ですが・・・3作目以降は見ていません。あまりにもいい噂を聞かないもので;いつの間にか5作も出てたんですね~。2作目までは久しぶりにいいシリーズが出たと喜んでいたのですが・・・もうこのシリーズは期待出来ないんでしょうかね?どこかで持ち直してくれればいいのですが。

>sasuperia2redさん

ご無沙汰しております。
そしてお祝いのお言葉、有難うございます(=^・^=)

正直なところ、お金と暇を持て余してない限りは見る価値はあまりないと思います。
私はお金も暇もないのですが、もうここまできたら意地なのでどこまでも見てやりますよヽ(`Д´)ノ

このシリーズが盛り返すには、やっぱり監督を含めた製作スタッフが総入れ替え、もしくは現スタッフの心の持ちようとかやる気の総入れ替えが必要なのではないでしょうか。

オリジナリティもずいぶん薄れてしまったので、NAKEDシリーズやJIGSAWシリーズみたいになってくる可能性もありそうです。
ほんともったいないですね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/546-dda86081

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。