FC2ブログ

リヴィッド(2011)

監督・脚本:アレクサンドル・バスティロ、ジュリアン・モーリー
原題:Livide
公式サイト http://www.livid.jp/

晩秋—静かなハロウィンの日を迎えた小さな港町。
母の自殺に心を痛めるリュシーは、陰鬱な記憶から逃れるべく新しい仕事を始めた。
身寄りのない老人たちの元を巡り、身辺の世話をする訪問介護ヘルパーだ。
指導役のミセス・ウィルソンと利用者の家を回るうち、車は田園地帯を抜けて大きな古屋敷に辿り着く。そこはかつて、厳格なバレエ教師として名を馳せた老婦人ジェセルの邸宅だった。ひとり娘のアナに先立たれた彼女は昏睡状態となり、今は寝室で死人のように眠ったまま。孤独と沈黙に支配され、薄闇のなかで主と共に朽ち果てるのを待つばかりの屋敷にリュシーは圧倒される。
研修初日を終え、漁師をしているボーイフレンドのウィルと合流したリュシーは、酒場で疲れを癒しながらジェセル邸の伝説を語る。資産家だった彼女は館のどこかに秘密の財宝を隠した—。素行の悪いウィルは悪友のベンを誘い、リュシーに強盗計画を持ちかける。最初は渋っていたリュシーだが、父が恋人との同棲を望んでいると知り、犯行に加わる決意をした。もし大金があれば、どこか遠くできっと自由気ままな新生活を始められる—。

夜も更けた頃、ジェセル邸へ忍び込んだ3人は、ひとつだけ固く閉ざされた開かずの間を発見。鍵を入手し部屋に押し入ると、そこには死んだはずのアナが純白のバレエ衣装に身を包み、美しい人形のように佇んでいた。闇夜に悲しげなメロディが響き、ゆっくりと踊るように回転を始めるアナ。禁断の扉は開かれた。異次元の魔界と化した屋敷のなかで、想像を絶する惨劇の宴が始まろうとしていた。
*公式サイトより


「屋敷女」(ひどい邦題)の監督コンビの最新作。今年のフランス映画祭で上映されましたね。

「屋敷女」と共通する「哀しさ」をそこここに感じる作品でした。
ゴージャスなお屋敷、綺麗で怪しげな風景、空気の冷たさを感じる予想外の静かなホラーファンタジー映画でした。
公式サイトに「…ギレルモ・デル・トロのダークでシュールなお伽話嗜好が融合したような独自の夢幻世界を構築。」とありますが、私はギレルモは感じなかったです。

そうそう、ゴアを期待している皆さん、素敵場面は1箇所ありました。

シアターN渋谷が閉館になる前に東京近郊の方はGOGOGO!!!!
(nasu)

べらぼうな存在感。ピキッとさせてくれるダルねーさん。
livide1

livide220
スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

トールマン(2012)PageTopザ・インシデント (2011)

Comment

シアターN閉館は残念ですね~鑑賞中頭が邪魔な事もありましたがねー最後にまた行かなきゃ!

>クリコさん

Nの閉館についてはショックが強すぎてまだ飲み込めないですよ~。この7年間、クリコさんと同じ作品を見たこともきっとあるはず。

まさかのアルバトロス!

レンタルで見たらいきなりアルバトロスの予告編が始まって吃驚 我が心の友のアルバが他社で広告を打つなんて・・・出世したねと感慨深い事この上なし。でもCMが全てシアターN渋谷で上映された作品ばかり!
そう言う事ですか。思えば、N渋谷で最後に見たのは、やはり心の友のアサイラム祭だったか?案の定下らな過ぎた作品だったが、近くにあるラーメン屋は美味かった記憶がある。N渋谷で見た後は、美味いラーメンを食べるのがデフォだった。最後ぐらいラーメン抜きでも見に行けば良かったとちと後悔。

閑話休題。

リヴィット冒頭シーンは物悲しいピアノの曲と共に、殺風景シーンが続くカメラワーク、頭蓋骨から蟹が履いで
る場面で気分上昇ミヒマルGT。そうそうこう言う雰囲気は嫌いじゃないぜ!主役の女性可愛いし、馬鹿ぽい彼氏に阿保そうな男友達にゴシック調の洋館。素晴らし過ぎ。。。と前半迄は良かったが、後半にかけては何だかよく分からん展開が待っていた。
昔、東映マンガ祭りで見たゲッターロボVSマジンガーZのどちらが強いんだろうとワクワクしながら待ってたら協力して敵を倒して、えっ~となった感じだった。(例えが分かりにくくてすいません)

音楽と雰囲気とオルゴールみたく廻るバレリーナはとても良かっただけに残念。後、ねーちゃんの胸ばかり映してた映像もGOODだったが、二の腕がタプタプだったのもマイナス点。

インブレッド見に行きゃぁ~良かったわ。


>亀さん

私もNの帰りはちゃんぽんかラーメンでしたw

亀さんは後半イマイチだったご様子ですね〜
私は彼女にイライラしたのは内緒の事実(笑
でも映像のあの色彩感覚は美しくて好きでした。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/532-a8e401d4

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム