ザ・インシデント (2011)

この映画、ちょっとの間ですが劇場公開されてたのですね。
公開からDVDが出るまで早かったですが、第36回トロント国際映画祭でも話題になったと言う看板も背負ってるようです。


ジョージは、売れないバンドメンバー達で触法精神保護施設のキッチンで働いている。
危なさを感じてはいたが、患者と直に接する事のないセキュリティの元で安心して厨房を取り仕切っていた。そんな時、悪天候が災いして施設は停電する。

なぜか安定剤を飲まなかった患者たちは暗闇の中、暴動を起こす。停電のため電子ロックは制御不能。
ジョージ達は施設から出る事もできないまま、暴徒と化した精神患者たちに狙われる羽目に。



ゾンビものや感染ものって食傷気味なとこありましたけど、精神病院で精神患者に襲われるってちょっと新鮮でした。
精神病患者が人を襲うなんてアンモラルなもの、よく劇場公開やDVD大丈夫だったなぁと思いましたが、元々が凶悪犯罪者、いわゆる触法精神障害者ってところでギリギリOKなのかもしれませんね(;^ω^)

主人公のジョージは、お疲れ気味の売れないバンドマン。なかなかのイケメンですよ。若い頃のイーサン・ホークみたい。
彼女と同棲しながら、バイトにバンド活動に毎日を忙しく送っているようですが、先が見えない不安って感じがよく表れてました。
映画冒頭は、しばらくジョージの生活を追ったものが続くのですけど、一見とても退屈な流れではあります。ですが、この一連の流れはラストのオチにとっても必要なものだと思います。


停電が切っ掛けとなって患者達が暴れ出すのですが、見ていて凄くドキドキしました。相手はゾンビでも怪獣でも何でもないんですもんね。
ゴア描写もそこそこあります。うまい事隠したりもしてますが、予算の都合でしょうか。

ジョージは元々、グリーンと言う患者に対してとてつもない嫌悪感を抱いていました。嫌悪感と言うか恐怖かも。
そして、この暴動は恐らくグリーンが扇動しているのだと確信します。

この作品の惜しいところは、患者たちのキャラクターをあまり生かせなかった事。
ちょっと目を引くキャラはいましたが、もうちょっと暴動を起こす前から「うわー・・こんな患者が暴れたらどうなるんだろう。怖いなー。」と思わせるキャラが何人か欲しかったかな。

それと、あっさり電話が通じちゃうとこ。もう少し凝って欲しい。

ですが1時間半の中でうまい事まとまってるし、緊迫感もあったし結構いい出来の作品なのではないでしょうか。
食堂と厨房を遮るポリカーボネート(?)の窓の画、とってもいいです。
患者たちとジョージたちを遮る安全だと思われた窓は、実はとってもモロいもので、食堂の世界と厨房の世界を遮る事はできなかったんですよね。この映画を象徴している画だと思いました。


↓↓以下はネタバレですので、オチを知りたくない方はご注意ください↓↓















窓のすぐそばに、暴動直後からインパクトある死体が転がってました。指が曲がったやつ。
実はこれはグリーンの死体なんですよね。

ジョージはずっとグリーンが首謀者だと信じ込んでいたし、グリーンと接してもいる。
ラストはジョージの精神が崩壊しているところで終わるのですが、暴動後にジョージがグリーンを見始めた段階で、既に精神の崩壊は始っていたと言う事になります。
グリーンは死んでいたので幻覚ですからね。

薬を飲まなかったのはなぜだか分かりませんが、患者達にも大きな不満が溜まっていた事は確かです。
患者たちの食事を任されているのは、調理師とか栄養士とかでもないただのやる気のないバイト達。衛生的にも問題あり。
配達された食材(肉)を見ても、普通の人間が口にするようなものとは到底考えられない質。そんなものを毎日3食食べさせられる患者たち。
何の尊厳もなく死なない程度に毎日をおくるうち、停電が切っ掛けとなって暴動を起こすのも何ら不自然ではないと思えます。
映画冒頭のジョージの生活を追う流れも、既にジョージの精神はギリギリだったと言う伏線だと思われます。


唯一まともに助かったは、リッキーやマックスのように悪態付いたり1人で隠れたりする事もないし、「首謀者はきっとグリーンなのだ」と言う妄想に取りつかれる事もなく「ただの患者の暴動にすぎない!」と冷静でいられた精神的に強かったであろうただ一人。



他の方のレビューを読んでいると、あんまり評価は高くないようですねw
ですが私はとっても楽しめました。久しぶりにヒットです。興味のある方は是非♪


in

↑レンタルはTSUTAYAさん独占のようです。

(エファ)



スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

リヴィッド(2011)PageTopラブリー・モリー (2011)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/531-b4f5b5ad

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム