スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ミヒャエル (2011)

監督・脚本:マークマルクス・シュラインツアー
原題:MICHAEL

35歳の独身男ミヒャエルは、ろくに友達もおらず、家で地味な暮らしを送っている孤独な男。勤めている保険会社の知り合いといえば、最近、家が近所だとわかったクリスタぐらいだ。しかし、彼には誰にも想像のできない秘密があった。それは彼が家の一室に10歳の少年ウォルフガングを軟禁していることである。夕食の時のみ、彼は少年を暗い部屋から出すと、数時間を一緒に過ごし、そして、また次の晩まで部屋に監禁するのだ。二人はほとんど言葉を交わすこともなく、儀式のような日常が続く。しかし、ある日突然、ミヒャエルが交通事故に遭い、病院に入院させられるという事件が起こる。ようやく家に戻ってきたミヒャエルが少年を部屋から解放するが、二人の関係は次第に緊張と共感が合い混ざったものへと変質してゆく。
*公式サイトより http://www.sandaifestival.jp/movie_01.html

ヒューマントラストシネマ渋谷で三大映画祭週間2012を開催していて、ベルリン、カンヌ、ヴェネチア映画祭出品作品からチョイスしています。
「ミヒャエル」はベルリンコンペティション部門に選出された作品で、監督の本職はキャスティング・ディレクターで本作が初監督。ハネケとも「ピアニスト」「白いリボン」で一緒に仕事したようです。
なぜハネケなんていうのか。少し雰囲気が似ていたから。
「ものすごく気色の悪いもの見せられるのでは?」というストレスを感じながら観てました。セブンス・コンチネントを予備知識なく見始めたときのような。

だいたい主人公が小児性愛者だし、胸クソ悪いったらないわな。
で、この変態も普通に生活しているんですよね。こわいですね。
ラストもね、光が見えたような気にさせておいて、みたいな。

micha2


ご興味を魅かれる作品もあるのでは。今月24日まで。
公式サイトhttp://www.sandaifestival.jp/index.html
 
(nasu)
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

哀しき獣 (2011)PageTop白夜行 -白い闇の中を歩くー (2009)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/526-a2e7e0b2

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。