死の標的 (1990)

ホラーでもない上に今更感たっぷりのセガール映画なんですが、久々に見たら最後には声を出して笑ってしまうほど面白かったので紹介させて下さい。
一応ツイストのある映画なんでしょうが、全然驚きがないと言うか子供でも早い段階で気付いてしまうようなツイストなんで、もうネタバレ全開で書いていきます。


この映画では、セガールは麻薬取締局の腕利き捜査官。
一応ハッチャーと言う役名が付いてるのですが、セガールセガールでしかないです。

20年前と言う事もあって、セガールの動きが軽いです。走ってますもん。近年のセガールにおけるもっさもっさとした動きではなく、シュタシュタッと走っております。
映画冒頭で悪い奴を追いかけるシーンがあるのですが(ちなみに追いかけられてるのはダニー・トレホ)、久々に普通に走るセガールを見た気がしました。
ただし、運動会などで小学生男子がよくやる腕グルグル走りなんですけど・・(笑)

基本的にはいつもの骨ボキボキアクションなんですけど、セガールもまだ細いので動きがスムーズ!

冒頭での彼は非常にワイルドな捜査をする暴力捜査官で、「面が割れてる!?ハッ!そんなの関係ねぇ!」とかなりアグレッシブな感じでおとり捜査をするのですが、それが仇となって相棒を死なせてしまうのですよ。

ちなみにWikipediaでは、銃撃戦の際に女性を巻き添えにしてしまった事を悔やんで退職する・・みたいに書かれていますが、銃で撃って来た女を正当防衛で撃ったまでで巻き添えではありません。ちなみにちなみに、その女性は木の実ナナ似です。


俺って最悪・・と教会で反省したセガールは、神父様の指導に従って捜査官を退職し、母と妹が暮らすシカゴへ帰る事に。
ところがところが、シカゴに帰っても麻薬は彼を離さない。
ジャマイカ人が麻薬に手を染めのさばっていたのだった。
しかし暴力的だった自分に終止符をうったセガールは、若者たちが目の前で薬に手を出していても見て見ぬふり。

だが!身に染み付いた暴力性が教会で反省したくらいで消え去るはずもなく、実家に戻った時に10歳ほどの少年と初対面の挨拶をする際に「やぁ♪」と普通にビンタ!
少年よ、骨を折られなかっただけでも助かったと思うべきか・・。


ジャマイカ人の集団には当然ボスがいるのですが、エメラルドのような瞳を持ち黒魔術を使うスクリューフェイスと言う不気味な男。
彼は「二つの顔と4つの目を持つ」と恐れられてるのだが、普通に見てれば「双子なんじゃねぇの?」と気付いちゃうチープなトリック。だけど手下どもは全く気付かないと言う・・。

静かな人生を送りたかったセガールだけど、結局彼のせいで姪っ子が襲われた事によって「鼻持ちならん!」とキレてジャマイカ人たちをやっつける計画を友達とたてる。

その友達ってのは一般市民なんだけど、それとジャマイカ人の警察官の3人でジャマイカまで逃げたスクリューフェイスを追いかけるんですよ。
ジャマイカ政府から分けてもらった武器、それと自らが製作した銃弾を持って・・・

冷静に考えればセガールは退職したはずなので、普通の一般市民が武器を用意して大量殺人計画を実行しようとしている、これは


ただの人殺し


なのでは・・・。
しかも、スクリューフェイスを殺した後にジャマイカからシカゴに戻って来て、スクリューフェイスの手下どもに「おめーらの親ビンは死んだ!」とスクリューフェイスの生首を披露!どうやって国境を越えて来た!暴力捜査官を反省するどころか、とんだ猟奇ヤローだよ!


しかし、この映画の見せ場であるどんでん返しはここからなのだ。
と言うか誰もビックリしない「実は双子でした」と言うオチなのだが、そんな事はどうもいいのである。

そう。
ここまでは長い前振りでしかない。
この映画の本当の見どころは、セガールが最後に言い放つセリフこそが醍醐味なのである。
あのセリフを聞くためにある、90分の前振りなのだ。


どんなセリフだったかって?
それはどうぞご自分の目で、是非セガール劇場をお楽しみください。


死の標的 [DVD]死の標的 [DVD]
(2007/01/26)
スティーブン・セガール、ベイジル・ウォレス 他

商品詳細を見る



真面目なレビューとしては、ストーリーにあまり捻りもないし割と小さくまとまっている映画だと思います。
セガール映画に出てくる敵って、たいてい悪そうな大人のテロリストなのですが、この映画に出てくる敵は麻薬を扱うとは言え、街のチンピラ止まり。

セガールが制作に携わっているからなのか、彼が好きなレゲエ界の大御所であるジミー・クリフが飲み屋のシーンで出演して歌っております。
しかもセガール、作詞まで手掛けております。
セガール劇場以外の何物でもない映画だと思います。


(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

キャンディマン (1992)PageTop地球を守れ! (2003)

Comment

懐かしい~昔ビデオでみました。確かにセガール映画ですけど悪役の黒人が呪文を唱えるとセガールが苦しむホラーな場面がありましたネ。
昔は元CIA工作員だとの触れこみでしたがやはりホラ話だったようですネ。

>クリコさん

クリコさん、お久しぶり~(^○^)

あれ~?確かに敵役は呪文を唱えてましたけど、セガール苦しんでましたっけ?
何だか黒魔術を使えるってワリには、あんまり役に立ってなかったような気がします。

セガール、今や警察官として活躍されているようですね( ̄▽ ̄)

〉エファさま

ちょっと久しぶり~
う~む~そうでした?
セガールが呪文で苦しむ場面はなかった?
ビデオとテレビで何度かみましたけど、ブルーレイは発売中なので確認してみます。

>クリコさん

えっ!わざわざブルーレイ買われるんですか!?

あんまり真剣には見ていないので、私の記憶も確かじゃないですよ~~(^_^;)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/492-e1e20d23

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム