スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ホーボー・ウィズ・ショットガン(2011)

監督・脚本:ジェイソン・アイズナー
原題:HOBO with Shot Gun

列車に無賃乗車して町から町へとさすらう初老のホーボー(※流れ者)がひとり。仕事を求めて新たな町ホープタウンに降り立った彼を待っていたのは、暴力と混沌に支配された世界だった。犯罪組織のボスであるドレイクが町を牛耳り、その息子スリックとイヴァンが殺戮を繰り返しているのというのに、彼らを取り締まるべき警察は事態を見て見ぬふり。ホーボーは娼婦アビーを誘拐しようとしたスパイクを警察に突き出すものの、警察署長が犯罪組織と通じていたため、釈放されたスパイクによってナイフで胸を切り刻まれてしまう。

ゴミ捨て場に放置されたホーボーは娼婦アビーに救われるが、もはや犯罪者に立ち向かう気力を失っていた。彼は芝刈り代行業で日銭を稼ぐべく、質流れの電動芝刈り機を買うための資金を得ようと屈辱的な仕事を引き受けるようになる。ホームレス同士のケンカや過激なパフォーマンスを撮影していたビデオ監督に命じられるまま、ガラス瓶を自分の頭でたたき割り、鋭く尖ったその破片をかじって痛みに耐える。

ようやく金を貯めて質屋を訪れたその時、店内に武装した強盗が押し入ってくる。ホーボーは反射的に壁にかけてあったショットガンを手にし、強盗を次々と射殺。この事件を切っ掛けにして、彼は再び悪に立ち向かう決意を固める。ドラックの売人、ポン引き、ペドフィリア……ホーボーは犯罪者を血祭りに上げていく。
ショットガンを持ったホーボーの活躍は、大々的にメディアに取り上げられ、またたくまに人々の間で話題となる。今まで暴力に怯えて暮らしていた住民も、ホーボーに刺激されて自警団を結成し、これでホープタウンの犯罪は一掃されるかと思われた。
ところが、町の平和を望まないドレイクは、スパイクとイヴァンにホーボー狩りを命じる。
ホーボーvs.犯罪組織の対決は苛烈をきわめ、悪徳の町ホープタウンに血の雨が降る!


既にご存知だと思いますが、「マチェーテ」に続くフェイクトレイラーコンテストからの本編製作作品。
オリジナル観ました?観てない方は是非youtubeで観てください!すげーいいですよ。
ロドリゲスが低予算で制作し、かつ彼を有名にした作品「エル・マリアッチ」を彷彿とさせます。

*予告のホーボーさん
orighobo

あらすじは上記にあるように完全バイオレンス。
そんでもってマチェーテ同様、いやそれ以上に主役が素晴らしいです。
そうです、この渋いルドガー・ハウエル兄貴です。キャー!!こっち向いてー!
るどが
(本音を言うと、彼の作品の中では「聖なる酔っ払いの伝説」が一番好き)

スクールバスの場面は気に入りませんが、グラインドハウス好きは大喜びのはず。
シアターNで若き監督作品の血しぶきをみてみなはれ~!
(nasu)
hoboposter


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

2011年 BEST 5PageTopゾンビ処刑人(2009)

Comment

なんかトロマ映画のテイスト入ってますよね~
ルトガーハウアーさんバットマンビギンズで悪い社長みたいな役やってましたけどやはりホボウイズショットガンの様な役柄が似合いますネ~
ブルーレイで早くみたいな~

>クリコさん

トロマかあ。こなれてないのかもと思ったけど、そのテイストかあ。
2作目も楽しみですね。

ブルーレイ...うらやますい。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/482-aa78505b

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。