スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ハンナ (2011)

こちら関西では午前中まで雨風が酷かったですが、今は関東あたりに台風は向かってるのでしょうか。
台風シーズンとは言え、次々矢継ぎ早にやって来ている気がしますね。これ以上被害が広がらない事を祈るばかりです。


私は昨日「アジョシ」を見に行くつもりだったのですが、警報で子供たちが休校となったため出掛けられず、そして今日も・・(=皿=)
あー・・早くウォン・ビンが見たい。


さて、先週見に行った「ハンナ」ですが、何となく和田慎二さんの「少女鮫」を頭に置いて臨みました。
「少女鮫」と言うのは漫画なのですが、ヒロインである少女が幼い頃から軍人である伯父に戦場の第一線に連れて行かれ、傭兵のエキスパートに育て上げられる・・といった物語。
私からすれば「キックアス」のヒットガールとパパは「少女鮫」のパクリか?とさえ思いましたよ。
「少女鮫」の方は、幼い少女が伯父から拳銃をプレゼントされて大喜びするシーンがありますが、ヒットガールはバタフライナイフでしたね。


元CIA捜査官である父親と、森の奥深くで2人っきりで暮らすハンナ。
来る日も来る日も父親に戦う術や多岐にわたる知識を叩きこまれ、ついに「その日」はやって来た。
ハンナは1人の女を殺すため、森を出る決意をする。



復讐のために何年も何年も、ストイックなまでに牙を磨き込むといったストーリーが私は大好きなのですが、似たようなところでは和田慎二さんの「銀色の髪の亜里抄」美内すずえさんの「燃える虹」なんかを子供の頃夢中で読んでました。
根底は「岩窟王」なんでしょうね。

まぁ私の大好きな展開なので凄く期待して行ったのですが、残念ながら「ハンナ」には肩すかしを喰らいました。
ハンナを演じるシアーシャ・ローナンはケチの付けようがないほど可愛く美しいのですが、戦術を雪山で学んでいた結果を全く出せていません。
ちょっとしたアクション・・と言うか、ほんとにちょっとしたアクションしかなく(^_^;)、物語の展開から言っても主人公であるハンナの冷徹なまでの戦法が絶対の見どころのはずなのですが、ハンナは走って逃げるのみ。

元CIA捜査官である父親を演じるのはエリック・バナと言う俳優さんなのですが、驚くほど弱いです。
こんな弱い父ちゃんに戦術を習っていたのだから、まぁハンナも大した事ないわな・・なんて思っちゃう。

ハンナは旅の途中である家族と遭遇し、そこの娘と仲良くなったりします。
小さな頃からテレビも音楽もない暮らしで、父親以外との人間と接触した事のないハンナですが、アッと言う間に初対面の家族と打ちとけちゃうのも違和感が・・・。

この家族たちとの旅で結構な尺を使っているのですが、最後はせっかく仲良くなった娘との関係や家族のその後も放りっぱなし。

この映画で1番光っていたのは、悪役を演じていたケイト・ブランシェットかも。

監督はジョー・ライトなのですが、アクション映画をよく分かっていないのではないでしょうか。


ハンナ


(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

ウェスクレイブンズ ザ・リッパー (2010)PageTopIN THEIR SLEEP (2010)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/466-bfe79ec3

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。