スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

暴行列車 (1975)

シンプルかつインパクトがあるタイトルです。
タイトルだけでいろんな事想像しちゃいそう( ̄▽ ̄)


従妹同士のリサとマーガレットは、クリスマスの休暇を利用して故郷へ帰るべく深夜急行に乗る。
混雑する列車内では座る事もできなかったが、それでも仲のいい2人は楽しんでいた。だが、そこに警察から逃げてきたチンピラが2人乗り込んで来る。
途中の駅で停車した際、リサとマーガレットはチンピラを避けるようにして別の空いてる列車に乗り換える。安心してコンパートメントでクリスマスディナーを楽しんでいたが、実はチンピラ達もリサ達と同じ列車に乗り換えていたのだった。



襲われる女の子2人組は、とっても可愛い女優さんでした。
親の前などでは良い子を演じ、友達同士になると少し悪ぶって煙草を吸ってみたりと、典型的ないいとこのお嬢さん風。
チンピラ2人組は、これまたいい感じに頭の悪そうな風体。

最初の列車に金持ち風の中年女が1人で乗っていたのですが、落としたバッグの中からソドム的な写真がチラリと見える事から、この女何かありますよ、と匂わせる。

中年女が列車内のトイレに行った際、チンピラの男も強引に入り込み女を強姦してしまう。強姦っつっても、中年女は「待ってました」とばかりに受け入れるんだよね。あー、私はこんなのを求めてたんさ。みたいなさ。

そんなこんなの縁でどんな縁だチンピラ2人と中年女はタッグを組む事に!

一旦はこの悪グループから離れる事に成功したリサとマーガレットだったんだけど、避けて違う列車に乗り換えたら実はまた同じ列車だったと言う、あー、こりゃもう最悪のゴールが待っているパターンへ発車。

乗り換えたのはガラ空きの列車だったため、コンパートメントに入った5人は人の目を気にする事なくやりたい放題。
片方の女の子は処女だったため、チンピラが暴行しようとしてもなかなかウマくいかないのよ。それでチンピラは驚きの行動に出る!!
ここの描写にはビックリ。普通は考えつかないし、本当に行動に出るってのがもう醜悪そのもの。

何だかんだで2人の女の子は殺されてしまう。
到着駅に迎えに来た両親は2人の姿を発見できず、一旦帰ろうとするが怪我した女性に助けを求められ(パパは医者)、その女性と連れの男2人を自宅へ迎える。
その女性と連れの2人って、ご想像通り我が子達をさんざんな目に遭わせて殺した犯人達なワケですよ。

ラジオで我が子が殺された事、そして犯人は自分が連れて来た3人組だって事にそのうち気付くのですが、ラジオで知る前に普通は警察から連絡が来るよね・・・って言うのは棚の上に置いておくとして(^_^;)

ここまで読んで、あれれ?と思われた方いませんか。
1972年に制作された「鮮血の美学」と話の運びがソックリなんですけどッ!
これは意図してイタリアでリメイクされたのか、それともただのパクリなのか・・・
ちなみに、邦画の「(秘)ハネムーン 暴行列車」とは関係ありません(笑)

こちらの作品は、両親の復讐劇は結構アッサリしています。
タイトルにもある通り、列車内での酷い様がネチネチと重点を置いて描かれています。
チンピラの1人がずっとハーモニカを吹いているのですが、その悲しげな音色がずっと頭に残っちゃうんですよね~。その音色が、可哀そうな女の子達にバチっとハマってるのがまた更に悲しい感じ。

登場人物達は、アルジェント組と呼んでもいいくらいアルジェントのいろんな作品に出ています。
音楽を担当しているのもモリコーネ

もしかしたら、「鮮血の美学」よりも印象的な作品かもしれないです。
機会がありましたら是非どうぞ。


暴行列車 [DVD]暴行列車 [DVD]
(2003/07/25)
マーシャ・メリル、エンリコ・マリア・サレルノ 他

商品詳細を見る


(エファ)


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

モンスターズ/地球外生命体 (2010)PageTopペイン (2007)

Comment

へぇー鮮血の美学は知ってますけどこの作品はまったく知りませんデス。過去テレビでも見た記憶が無いです。ソフトはとてもプレミアがついてますね。

>クリコさん

作品の存在は知ってたんですが、私も今まで未見でした。
プレミアが付いてるんですか!
「鮮血の美学」のように、早くレンタルリリースされるといいですね~。
なかなか味のある作品ですよ(^○^)

あのハーモニカの物悲しいメロディーは耳に残りますよねー。確か「ホステル2」の列車シーンは今作のオマージュだったと思います。

>sasuperia2red さん

あ~納得!
「ホステル2」のspecial thanksで、アルド・ラド監督の名前がクレジットされてましたもんね。
しかし「ホステル」はやはり1が衝撃的に面白かったです。

「歓びの毒牙」のエンリコ・マリア・サレルノ、「サスペリア」のフラビオ・ブッチ、「サスペリア2」のマーシャ・メリル、「インフェルノ」のアイリーン・ミラクルなどが出演するアルジェント映画の同窓会的な映画でもありましたね。ビデオでは「血のコンパートメント 女たちの深夜特急」というタイトルで発売されていました。

>クロケットさん

ご無沙汰してます(^◇^)

錚々たるキャストが勢ぞろいでしたね~。続けて見たら面白そうです(笑)
VHSの間でも何度かタイトルが変わったり、DVD化してから変わったり、邦題でガラっと変わったり、ほんとタイトルには惑わされます(^_^;)
タイトルに騙されて借りてしまったのって、もう数え切れませんからね~

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/447-ebb96129

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。