スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ペイン (2007)

『MAY』『ツールボックスマーダー』でお馴染み、アンジェラ・ベティス主演の痛い系ホラー。


葬儀場から10代の惨殺死体が数体発見される。
唯一の生存者は17歳のジョーンただ1人。犯人である葬儀屋ビショップは高校生たちを地下に監禁し、切り刻んで楽しんでいたのだった。
それから16年後、トラウマの残る町から離れていたジョーンは姪に会いに戻って来る。
ところが姪のオリンピアの周りで高校生達が何人も行方不明になり、切り傷だらけの死体で発見される。
ジョーンは16年前の事件を思い出し、ビショップがまた戻って来たのだと確信するのだった。



唯一の生存者であるジョーンを演じているのがアンジェラ・ベティス。やっぱ顔怖いネ!
主人公のジョーンは昔、ビショップによって友人である女の子とまぁ酷い目に遭うワケなんですけど、どんな事があったのかは徐々に回想シーンを挟んで明らかにされる。

お互い縛られた状態で、「あの子を殺して」と言うまで拷問が繰り返される。
友達同士なので「殺して」と言えるばずもなく、どんなに酷い事をされても我慢するんだけど、やっぱ限界ってのがあるワケですよ。
どうだろうなぁ。確実に助けてくれるって分かってるんだったら、私はお腹にホッチキスの時点で「いや~、もう無理なんであの子殺しちゃって下さい。」って言いかねんわ。ホッチキスどころか私は注射が苦手なので、注射器をチラつかされた時点でギブだわ。「はい、私は魔女です。」ってすんなり言っちゃう。

姪のオリンピアの友人たちが順番に襲われるワケですが、その殺され方を見てジョーンは「ビショップだわぁぁぁ!!ひいぃぃぃッ!!」と騒ぎ始めるんですが、実は16年前にビショップはジョーンの手によって殺されているのです。
だから誰もジョーンの言う事なんて信じなくて、逆にジョーンが疑われる。

実際、その16年前のトラウマから悪夢を見たりとジョーンは平常心を欠落させている。
犯人は地獄から戻って来たビショップなのか?それとも精神的に病んでしまったジョーン自身なのか!?

ビショップの拷問が結構痛々しかったり、友情の絆を試してみたりする汚いやり方だとか、なかなか良かったです。
だけど、犯人は誰なのかと言う着地点が見えてきたあたりから失速。
まるで納得できません。
ビショップによる拷問などは見応えがありましたが、スラッシャーとしてはイマイチ。非常にもったいない仕上がりになってしまったのではないでしょうか。

原題は「Scar」
「ペイン」なんかより原題の方がいいと思うけどナ。
この作品には、いろんな傷跡が出て来ますしね。

アンジェラ・ベティスの現在が見たい人はどうぞ。
公開当時は3Dだったようです。
3Dで公開された映画で面白かったのって、ある??

ペイン ~PAIN~ [DVD]ペイン ~PAIN~ [DVD]
(2011/07/22)
アンジェラ・ベティス、ベン・コットン 他

商品詳細を見る


ちなみに、↑こんな描写はない。
このジャケの女は一体誰なんだって話(笑)

(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

暴行列車 (1975)PageTopゴースト・オブ・チャイルド (2009)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/446-e31ce26e

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。