新装開店 (1999)

先日見た『失踪』が面白かったので、キム・ソンホン監督の作品でまだ未見だった『新装開店』を見てみる事に。


韓国の某田舎町。この町は全てが1つで賄っていたのだが、1つしかない中華料理屋の向かいに新しく中華料理屋ができる。
新しくできた店アバングンはあまりにも不気味だったため、最初は客入りがなかった。しかし、ふとしたきっかけを元にアバングンのジャージャー麺の人気に火が付き、繁盛店になる。
元々町にあった中華料理屋に全く客が入らなくなったため、ワン社長はついにアバングンのジャージャー麺を食べに偵察に入る。
あまりのウマさに驚くワン社長だったが、食べてる最中ジャージャー麺の中から人間の指を発見して卒倒する。


主人公のワン社長にキム・スンウ。料理長にパク・サンミョン。出前持ちにイ・ボムス
その他も結構名の売れた俳優さんたちが出ておられます。

人間の指を発見したワン社長は「ここのジャージャー麺には人間の肉が使われてる!」と噂を流すんですが、警察を始めそんな事は誰も信用しないワケですよ。
誰にも相手にされないワン社長は思考回路をショートさせ、「人間の肉を使えばあんなにウマいジャージャー麺が作れるワケですな。ふむふむ。ほしたら俺らも人間の肉使ってみっか!レッツ、マンハント!」と言うアイデアに辿り着くワケですよ。

料理長と出前持ちの2人は訳の分からないワン社長の脅しに怯え、一緒に誰かを殺すお手伝いをする事に。

ようやく酔っ払いを捕まえて殺そうとするのですが、手際の悪い従業員のせいで酔っ払いは血だらけで逃走。ワン社長たちは自分たちが捕まると思っていたワケですが、警察はアバングンを捜査。

回り道したけど、ようやくアバングンを取り調べてもらえるようになったワン社長は大喜び!
さて、アバングンから人肉は発見されるのだろうか!?

この映画はブラックコメディらしいです。
でも笑えるような要素は微塵も感じませんでした。もちろんゴアもなし。
この内容から言ったら、思いっ切りホラーに走った方が絶対に良かった気がするんだけどな。
キム監督、悪いけど多分笑いのセンスないと思う。ジワジワ恐怖を感じさせるホラー向きですね。

二転三転する内容は飽きさせずにいいのですが、人間を殺そうと思い付いて狩りに行くところはダラダラと退屈でした。

どうでもいい事ですが、キム・スンウの関西のおばちゃんを彷彿とさせる髪型が気になって仕方ありませんでした。最後だけは普通になってましたけど。
それと、挿入歌&エンドロールに流れる「ア~イヤイヤ~♪」と言う曲が耳に付いて離れません。シンディー・ローパーを聴きながら書いている今も頭にひっそり流れてくるほど。

ラストもイマイチ意味が分かりませんでした。

まぁ、監督のこんな時代もあったのね、と言う感じでしょうか。

新装開店 [DVD]新装開店 [DVD]
(2005/11/04)
キム・スンウ、チン・フイギョン 他

商品詳細を見る


アバングンのジャージャー麺、めっちゃマズそうなんだけど(^_^;)

(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

コロシノジカン 60秒、死の選択 (2010)PageTopFertile Ground (2010)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/431-cd0154d4

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム