FC2ブログ

ロング・ウィークエンド(1978)

原題:Long Weekend
監督:コリン・エグルストン

『共喰山』監督のお父上の作品。

最近しっくりいってない夫婦が、リフレッシュのためにキャンプでも行こうかと計画。
妻はあまり乗り気ではないんだけど、しょうがなく一緒にいきます。
着いてからもあーでもないこーでもないと文句をいう妻。
飼い犬にまでひどいことする(ムキー
すったもんだの挙句、結局妻は先に帰るのですが、
残された夫のほうは一人でキャンプを続けていくうちに、さあ大変。というお話。


細かい予備知識なしで観たので、いつモンスターとか人喰いがやってくるのかな~と期待していたら、
そういう恐怖映画ではなかったんですね。
敵は「大自然」なのでした。

血みどろホラーではありません。
偉大な力に太刀打ちできない人間が、狂っていく様子を描いている作品です。
特徴的な盛り上がりもないんだけど、なぜか最後まで飽きずに観れちゃう不思議な作品でした。

日本みたいな小さい島国で、しかも人口が多いところと、オーストラリア人の自然観とは全く違うのでしょうね。
日本は自然への畏敬・畏怖の念を様々な神様にしたり、ぐっと身近に妖怪とかにしていると思うんですけど、
彼らはもっと動物的というか直接的に感じているのかも。
身近にある自然が広大すぎるのかもしれません。

オーストラリアのホラーって今まであまり意識していませんでしたが、
ぱっと思い出すのは「ブラックウォーター」「ウルフクリーク」「ストライク・バック」(←リンク先のエファさんレビューもよろしく)
この中では「ウルフ・クリーク」が事実が元になっている分、自然を含めてオーストラリアっぽい。

オリジナル作品のリメイクも観ましたが、国内DVDでもなっていない様子。
(と思ったら,来月リリースとか)とにかく、
貴重なものを今回もSID さんありがとうございました。
(nasu)
オリジナル
lw78

2008年リメイク版
r-lw
スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

ベルリン・オブ・ザ・デッド (2010)PageTopブラックスワン(2010)

Comment

昔、本屋で販売してました。確か二千円程度でした。なかなかオモシロかった記憶があります~

>クリコさん、

これを面白いというのはなかなかツウなのでは。
タランティーノが好きで、カルト扱いされているとどこかにありました。
何度もみることで深まるような気もする作品でしたね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/426-60f9fdb3

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム