サバイバル・イン・ザ・ルーム (2009)

何の前知識もなしに見たのですが、変わり種で意外とイケました。
下手すると駄作、下手すると佳作といった危うい綱渡り的な作品。

ジャニーンは深夜の走行中に事故に遭い、レッカーを待つ。
だが現れたレッカー車の男は殺人鬼で、抵抗も空しくジャニーンは人里離れた小屋の地下に監禁される。
そこには過去に拉致監禁拷問に遭ったであろう死体が腐敗しており、ジャニーンは電気ショック付きの首輪をはめられ男に支配される。



ま~~~とにかく気の強い主人公でよく喋るんだな。
殺人鬼の男は舌がなくて喋れないんだけど、「おれっちは舌がなくて喋れないんでさぁ。簡潔に話してケロ」と言ってるにも関わらず「ねぇ!答えてよ!ねぇ!」みたいにうるさいったらないよ。
男じゃなくても電気ショック浴びせたくなるわ。
だけど電気ショックにも屈服しない主人公は「もっとやったんさいよ!」と言ったりして、もはや普通の女性とは考えにくい。

タイトルもジャケもよくあるものだし、滑り出しから見ても「マスター、いつものやつ」ってな感じだったんだけど、この映画の面白いところは、主人公が拉致監禁に遭ってるシチュエーションとはまた別のシチュエーションが同時進行で映し出されるというところ。

アリスと言う女性とやり取りしてるんだけど、過去の場面かな?と思ったら「今監禁されてんのよ」とジャニーンが言ったりだとか、これはジャニーンの夢の中の話だと分かって来る。

とは言えこの映画は不親切なところが多く、アリスが一体何者なのかとかジャニーンが殺人鬼に奪われたファイルは一体何なのかとか、結局ラストまで見てもこれが正解ですぜ!ババーーン!!と言った分かりやすい説明はない。
だけど一応のピースは用意されているので、自分でかき集めて組み立てるとある程度「はぁ~そういう事ね」と分かるのでなかなか面白いですよ。

この映画がそこそこ面白いのに佳作に値しないなと思ったところは、完全にテンポが悪いというところ。
それさえなければ、特殊メイクも頑張ってたので申し分ないなーと思うのですが。あ、あと主人公がおばはんすぎるかな。フルヌードになった思いきりはいいと思いますけど。
殺人鬼の男が男前なのもちょっと気になるかな(^_^;)もっと気持ち悪くてもいいんじゃないの。

主人公ジャニーン以外の拉致にあった女どもは、それはそれは酷い目に遭わされてます。
舌を切られたり歯を引っこ抜かれたり足を切断されてたり。
なんでジャニーンだけ特別扱いだったのか、私はそれだけが分かりませんでした。従順ならまだしも、他の誰に比べてもじゃじゃ馬だと言うのに首輪だけってのは納得できん。
男はあのファイルを見てるワケなんだから、もっと用心しとくべきだったのでは。逆に挑戦状を叩きつけたとかか?

監禁されてるはずなんだけど、ジャニーンはウマい事鍵を操作して出入り自由なんだよね。
他の誰かを助けるんや!とか何とかノロノロして全く逃げようとする意志が見えないのが謎でした。
まぁ最後まで見てそれは納得しましたけど。

男は女をレイプするワケでもなく、ただ拉致ってきた女を殺すのみなので目的が全く分からないのですが、まぁただの快楽殺人者って事でね。

この映画にはちゃんとした説明がないので本当は間違ってるかもしれませんが、私なりの解釈を↓に反転して書いておきますです。

夢に出てきたアリスはジャニーンのもう一人の自分、すなわちジャニーンは多重人格者だと認識しました。
最後に自分の事を「アリス」と名乗っていたので間違いないと思うのですが。
逆襲に成功したジャニーンは殺した殺人鬼の男の写真を撮りますが、似たような写真がファイルにどっさりあった事からジャニーンもまた殺人鬼だったのでしょう。
しかもその男のある部分を持ち帰るところで、この映画の原題である『KEEPSAKE』がようやく生かされるワケですね。
ちなみにKEEPSAKEと言うのは記念品と言う意味です。
なぜ女がソレのコレクターと化したのかは、少しではありますが理由を匂わせるシーンがありました。恐らくジャニーンは幼少期、父親から性的虐待を受けていたのだと思われます。
地下で父親らしきモンスターが出て来ましたが、それはジャニーンのトラウマの現れだったのではないでしょうか。


もうちょっと濃縮された作品だったら、もっと面白かったかも。

KEEPSAKE

(エファ)

スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

モンスターマウンテン (2010)PageTop冷酷処刑人 ~父なる証明~ (2008)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/407-4999c779

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム