FC2ブログ

ノーカントリー (2007)

アカデミー賞を4部門受賞した2007年度話題の作品。監督はジョエル&イーサン・コーエン兄弟
助演男優賞を取ったのはハビエル・バルデムと言う俳優さんなんですが、正直私は「はて?誰だ??」としか当時は思えなかったし、主役はトミー・リー・ジョーンズなんだとばかり思ってました。

ところがどっこい、ジョーンズの役どころは付け足し程度の重要度だし、ピンとこなかったハビエルは戦慄を覚えるほどの存在感。
いろんな意味で裏切られた作品でした。
ちなみに、ハビエルは現在ペネロペ・クルスと結婚生活を送っています。


舞台は80年代のテキサス。ベトナム帰還兵であるルウェリン・モスはそこで平凡に妻とトレーラーで暮らしていたのだが、偶然麻薬の取引に使われる大金を発見してしまう。
危険とは分かっていながらも、目の前の200万ドルの誘惑には勝つ事が出来ずに持ち去ってしまう。
当然200万ドル奪還のために狙われるのだが、それに雇われたのは感情がスッポリ抜け落ちたかのような恐ろしく執拗な殺し屋アントン・シガー。

モスが狙われてると悟った地元の保安官エド・トム・ベル。彼はモスの妻を説得し、助けるために居場所を聞き出そうとする。
しかし、殺し屋シガーの魔の手はすぐそこまで迫っていた。


お金を持って逃げるルウェリン・モスはジョシュ・ブローリン
『アメリカン・ギャングスター』『プラネット・テラー』などでは悪役を演じているので、悪役での印象が濃いかも。
今回の役は決して悪い人じゃないので「逃げ延びて~!」と応援したくなるのですが、根本的には持ち逃げですので自業自得感は否めない・・。

でも、私が彼のファンだと言う事を差し引いても主役級の役柄だったと思いますよ。
そしてそして、この映画の最大の目玉となるのは殺し屋役のアントン・シガー、ハビエル・バルデム
髪型が変なので、何もしてなくても違和感アリアリです完全にバナナマン
このシガーですが、どちらかと言うと物腰は柔らかで乱暴な言葉遣いもない。感情の起伏が全くなく、彼は水を飲むのと同じくらい自然に人を殺す。
そして自分のルールに非常に几帳面。真面目な死神のようです。

殺し屋が持つのは、酸素ボンベなんですよ。
ホースの先から圧縮された空気を放つワケなんですけど、笑いと恐怖は紙一重。マジで怖いです。

とにかく淡々としたストーリー展開で、サントラもほぼありません。凄まじいほどの緊迫感が作品を包み込んでます。淡々と人を殺す殺し屋に、本当に恐怖を感じました。

だけど、「傑作だった!」とは残念ながら私は言えません。
なぜなら、いろんなところが中途半端なんですよ。ホラーでもスリラーでもサスペンスでもなく、犯罪映画と言うのが1番しっくりくるのですが、そこからが既に中途半端。

この映画の原題は『no country for old men』で、それを担う重要な役割がトミー・リー・ジョーンズなんだと思うし、彼が劇中で呟く言葉こそがこの映画が伝えたい事なんだろうな・・と私は思うのですが、ハッキリ言ってあれだけ緊迫した展開にジョーンズの存在は私には邪魔なだけでした。ナレーションだけでも良かったんでは?・・と言う気がしました。


ラストは「マジで~~!!!もったいな~~い!!」と言う最大の落胆が私を襲いました。
まぁ結末としては無難なんだろうけど、今までの盛り上がった展開突然放り投げないで欲しい!

コーエン兄弟、どちらかがセンスないのでは!?

大きな疑問を残しましたが、ハビエルが受賞したのも頷ける殺し屋の出来栄えでした。
取りあえずお奨めします。

ちなみに、冒頭の方でモスが犬から逃げるシーンがあるのですが、これはジョシュ・ブローリン本気で逃げてるそうですよ(笑)



↓以下はネタバレ↓










ルウェリン・モスが殺し屋からひたすら逃げるのですが、さすがベトナム帰還兵と言う事もあって術を知り尽くしてます。
しかし、ドアの向こうに殺し屋が忍び寄ってるにも関わらず、真ん前でドーーーンと銃を持って構えるのはちょっとおかしくないでしょうか。撃たれたら終わりでしょうが!!

それとですね、もう1人殺し屋が間に入ってくるのですが、「シガーを止めれるのは俺しかいない」とか言って自信満々なウッディ・ハレルソン。可哀想に見せ場ナシ。この役いるのか??

まさかまさかと思ってたらモスの死体。
信じられない・・・。ビール飲んだからなのか!?
死ぬなら死ぬで、もうちょっとイイ死に方させたげてよねっ!

監督が伝えたい事が100%こちら側に伝わってくる事なんて多分奇跡かもしれませんね。


ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/05/14)
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 他

商品詳細を見る


(エファ)

スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

アメリカン・ホーンティング (2006)PageTopハードキャンディ (2005)

Comment

この映画は所々で後は想像に任せますような表現がありますネ。
とにかくキタロウカットのシガーが凄いですネ〜
ナチュラルボーンキラーも敵いませんでしたね。
ラストのシガーが事故に遭う場面はモスの霊が信号を細工したと面白く解釈してます!
前半に死体だらけの場面ありますけど実際の死体の臭いを思い出して気分が悪くなりましたデス。

レンタルDVDで拝見。

印象に残ったのはやはりまるで感情をもたない殺し屋。
感情を持たない人といいますと日本では『黒い家』の
人とか(あの人の場合は心がないのか)SFだと宇宙船USS
エンタープライズ号副船長とか(あの人の場合はハーフ
なので感情の現れ方がなかなかオモシロかったデス)
マンガだとデューク東郷さんがおられますが,本作の
殺し屋氏は東郷さん以上に感情がない感じでした。
それ以外のことでは「昔はよかったなァ」と古きよき
時代を懐かしむクダリが印象に残っております。
すいません,そのくらいです。

クリコさん

そうでしたね〜。
過分に説明がないところが良かったですよね。
シガーの髪型が何よりのインパクトでしたけど、シガーがお店のオヤジとやり取りするシーンが1番緊張したのを覚えてます。

前半にそんなシーンありましたっけ!?
見たのはずいぶん前なので忘れちゃったなぁ。
ところでなぜ死臭をご存じなのでしょうか(笑)
殺し屋クリコ!?

>snowmanさん

はははっ(^◇^)
デューク東郷あたりが1番近いでしょうかね?
いや、でもデューク東郷は時折優しさを見せる事もありましたしね・・。
やっぱり黒い家のあの人でしょうかね?
いや、あの人にはシガーほどの知性は持ち合せてませんしね・・。
やっぱり宇宙船USSエンタープライズ号副船長・・ってすみません、知りません(笑)

昔は良かったなァ。私も時々思っちゃいます。
今もサイコーに楽しいですけどネ♪

実は数年前にある場所で腐乱死体に遭遇したのデス!!死後二ヶ月位との事でした〜とにかく臭いが物凄くて親指位の蝿がたくさん飛んでました。しばらくの間は食欲不振になりました〜

>クリコさん

あら〜っ!
それは滅多にない経験をされましたね。
目の前の踏み切りで人が撥ねられたとか飛び降りに遭遇したとか、私の周りにも結構います。
トラウマになるでしょうね〜(^_^;)
リアル死を扱った「デスファイル」とか、私は嫌いだなぁ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/359-43330720

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム