スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

妖しき文豪怪談 NHK TV (2010)

映画ではないけれど。
『妖しき文豪怪談』
NHKで8月23日から4夜連続で放送された、
純文学の小説を4人の日本人監督が怪談仕立てにしたTV番組です。

「片腕」
原作:川端 康成 
監督:落合正幸   

「葉桜と魔笛」
原作:太宰治
監督: 塚本晋也 

「鼻」
原作:芥川龍之介
監督:李相日 
  
「後の日」
原作: 室生犀星
監督:是枝裕和  
 
NHKさん、素晴らしい企画をありがとうございました!
受信料払っていて良かったです。

内容は、30分ぐらいのドラマの部分と、
その後に同じく30分ぐらいのドキュメンタリーの部分
-文豪の生涯・作品紹介や文豪の関係者へのインタビュー、監督や出演者へのインタビュー等-
で構成されています。
後半のドキュメンタリーの部分が浮ついたものではなかったので、
非常にきちんと感がありました。
各監督たちの小説への思いや分析、それに合わせた演出の考え、
また文豪といわれる作家の背景や苦悩、作家という仕事、
監督にも文豪にも才能を感じるとともに、
ものを作るということの大変さを感じることができました。

NHKでは以前、純文学の朗読劇風のものを放送した気がするのですが、
それはイメージ先行というか、文学作品に注力できなかった記憶があるんですけど、
今回のこの企画は違いました。話を掘り下げたくなる。すんばらしい。
4作品とも個性があって毎晩楽しみにしてました。監督って大事ね。

このシリーズをみて、最近流行の人が集まる映画にはない、
「作家性」という言葉があらためて心に浮かびましたね。

NHKのオンデマンドでもみられるとおもいますので、いかがでしょうか。


片腕
「一晩片腕をおかししてもいいわ」きゃー!いいせりふですね。
色っぽかったです。
kataude.jpg


葉桜と魔笛
これは一番怪談にしづらかったのでは?戦時下の話はつらい。
hazakura.jpg



この小説は寓話というか、もっとユーモラスな話なんだけど、ラストが怖い。
次回の李監督の「悪人」観に行ってみようと思いました。
hana.jpg


後の日
号泣ですよ。
nochinohi.jpg

取り上げられた作家の4人中3人が自殺なんですよね。
作家という職業はそういうものなんでしょうか。合掌。
(nasu)
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

XX(エクスクロス) 魔境伝説 (2007)PageTop ハード・リベンジ、ミリー (2008)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/320-277eb40b

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。