スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

ぼくのエリ 200歳の少女 (2008)

原題(英題):Let the Right One in
監督:トーマス・アルフレッドソン

母親と2人で暮らすオスカーは、いつも学校で3人組にいじめられている12歳の少年。
ある夜、いじめっ子への憂さを晴らすように、団地の中庭の木にナイフをつきさすオスカー。
その背後には見かけぬ女の子がいた。その子の名前はエリ。
オスカーの隣に引っ越してきたという。
彼女は変わっていて、寒い夜にセーター一枚だ。
それになんだか変な匂いがした。
夜の出会いとルービックキューブで仲良くなっていく孤独な問題を抱える2人。
エリが越してきてからほどなくして、しずかな町に起こる連続殺人。
未遂に終わった殺人現場で捉えられたのは、エリと暮らす男だった。


*既にエファさんのレビューがありますので、こちらもプリーズ。
「Let the Right One In」
*ついでにこちらも。昨年ベストにしている私たち。
「2009年 Best 3」

この美しい名作を日本で劇場公開!なんともうれしい限りでございます。

私はオリジナルを2度ほど真剣に見て、原作を読んで、劇場へ足を運びました。
やはり劇場で見ると家とでは雲泥の差、素晴らしい作品だからこそ違いがわかります。
まず違いを感じたのは音楽、そしてあらためて2人の子役のうまさに気づかされました。
これは劇場で見なきゃ絶対ダメ、美しさ半減ですよ。

この名作を生み出した功労者は、原作者の天才ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト。
そして才ある本人が脚本を担当したことが成功へ導かせたのではないかと。

MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)MORSE〈上〉―モールス (ハヤカワ文庫NV)
(2009/12/30)
ヨン・アイヴィデ リンドクヴィスト

商品詳細を見る


原作には、登場人物、起きる殺人事件、それぞれが詳しく書かれていますが、
原作を読んでこの作品を観ても、私は全く不満はありませんでした。
見せ場が凝縮していて、無駄な場面が一切ないように思います。

映画は説明不足と感じて、原作を読む方もいるかもしれませんが、
映画も小説もどちらも別物としても充分楽しめます。

恐ろしく残念なのは、映画(日本)でボカシが入る部分がこの作品の貴重な部分だということ。
これが邦題と同じくらい最悪。
どう想像しろと?

原作者ヨンさん、なにやら2作目も既に2005年に出版済みで、
英語版も出版されているそうです。
しかも内容はundead。
いやー楽しみ!読んでないけど是非映画化を。


↓ネタバレ↓








映画のタイトルに関しては多くの方々が「否」しかいってない事で、
配給会社は理解していると思いますが、
本当に本作を見てこのタイトルつけたのなら、
業界人としてのセンスはどうよと、
一番大事にしなきゃいけない客をバカにするな、
と思うしだいでございます。

ニューメキシコが舞台のアメリカ産リメイクも行くよ!

(nasu)

imdbで見つけた多分イタリアのポスター。
日本とだいぶ違いますね。

let-i
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

テケテケ (2009)PageTopフローズン (2010)

Comment

>原作者

その後も何作か発表しているみたいですが
↓こちらが最新作
ttp://www.boksidan.net/bok.asp?bokid=9364

かなり面白そう

>とおりすがりさん

情報ありがとうございます!
教えていただいた最新作は、少女が主役みたいですね。
いつ日本語訳が発売されるのでしょうか、楽しみです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/315-b8fd6dba

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。