ブラック・ダリア (2006)

ジェームズ・エルロイの原作をブライアン・デ・パルマ監督が映画化した、謎解きサスペンスです。
デ・パルマ監督作品だけあって、1940年代のLAをとっても雰囲気良く映していました。音楽、ムード、もはや斬新なのか古臭いのか分からないカメラワーク、思わず映画に引き込まれます。

ただ・・・内容はどうかと言うと、またちょっと変わってきますねぇ。


ある空き地で、若い女の惨殺死体が発見される。体は2つに切断され、口は耳まで裂かれていた。被害者の身元はエリザベス・ショートと言い、ハリウッド女優を目指して田舎から出てきた女だった。いつも好んで黒い服を着ていた事から、彼女は「ブラック・ダリア」と呼ばれていた。
この事件を受け持つのは若い刑事2人。彼らはどちらもボクサーの経験があり、勝敗を競い合った仲でもあった。
いつの間にかブラック・ダリア事件を追う事になったのだが、事件を追うごとに謎はいくつも出てくるのだった。



刑事役のバッキーにジョシュ・ハートネット。童顔だなぁ。
もう1人の刑事リーにはアーロン・エッカート。悪役顔だなぁ。
そして、この2人の間に揺れ動く女性にスカーレット・ヨハンソン。ムリヤリ色気を振り撒いてました。同性に嫌われそうな人だねー。
あと、謎の女にヒラリー・スワンクが出てました。でも途中まで気が付きませんでした。キレイに変身してましたが、配役にムリがあったのでは?

とにかくですねぇ、「ブラック・ダリア」事件に迫る内容かと思ってたら、あっちにもこっちにも他にストーリーが展開するわけですよ。
最後に「おぉ!1つにまとまった」と見せてくれればスッキリもするのですが、話を広げすぎて結局纏めきれなかった感じがします。

いろんな名前が出てくるし、事件をあっちこっち往復するもんだから頭の中の整理が追いつかず、とりあえず2回見てみました。
名前の区別はついたものの、やっぱりストーリーが分散しすぎてる気がする。私個人の飲み込みが悪いせいか?

ほんと、雰囲気はいいんですよ。
『アンタッチャブル』を見た方いらっしゃいますか?あの雰囲気に良く似ています。
螺旋階段のシーンがありますが、デ・パルマ監督本領発揮!と言う感じ。

サスペンス・・としても盛り上がりに欠けるし、まず柱となるストーリーにいくまでが長いんです。
「ブラック・ダリア」とタイトルを付けてるにも関わらず、この事件や女性の謎なんかにはあまり触れないんですよね。「ブラック・ダリア」と呼ばれた由来なんかも、説明は一瞬です。

これは、バッキー刑事の複雑な心模様を書いた作品にすぎません!

ジョシュ・ハートネットのファンなら一見の価値があるでしょう。ずっと出てますからね(;^ω^)
この人の濡れ場シーンですが・・・さすがエロ監督。激しすぎますよ!獣じゃないんだから!!と言う感じですよ。きわどいシーンはないんですが・・。

映画を見た後、何個か疑問が残りました。この映画見たのはもう4年も前なので、もはやどうでもいいですが。
レンタル向きの作品でしょうね。

(エファ)    2006/11/23

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]
(2007/05/18)
ジョシュ・ハートネットスカーレット・ヨハンソン

商品詳細を見る


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

テキサス・チェーンソー ビギニング (2006)PageTop人形霊 (2004) 

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/275-f3f2e0a1

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム