ハイテンション (2003)

今やフレンチ・ホラーの代表監督とも言えるアレクサンドル・アジャのデビュー作。
近年のフレンチ・ホラーは、笑いの要素など1ナノもなく冷徹なまでの惨殺描写が目立つものが多いですが、この『ハイテンション』はそれの第一歩と言えるのではないでしょうか。

しかしこの作品が作られたのは2003年で、日本にやって来たのは3年もたった2006年なんですよね。
まぁこの内容で劇場公開されたんだから凄いっちゃ凄いかも。
私は公開される少し前に輸入DVDで見たんだけど、当たり前だけど英語音声なんかよりフランス音声の方が輪をかけてチンプンカンプンでした( ̄▽ ̄;)

とにかく凄まじいまでのスプラッタ!と言う謳い文句で出てきましたが、実際はそうでもないです。
血の量はハンパないですけどね。
『13日の金曜日』が大丈夫なら全然いけます。

製作はリュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ社だが、クレジットにベッソンの名はない。


マリーはアレックスと共にアレックスの実家に遊びに行く事に。
そこにはアレックスの両親と幼い弟がいて、マリーを歓迎してくれる。
その日の晩、不気味なトラックが家の前に止まる。吠える犬。激しく鳴る呼び鈴。
アレックスの父親は慌ててドアに向かい対応する。が、突然やって来た殺人鬼に瞬殺される。

その様子を垣間見たマリーは自分が寝ていた客間のベッドを直し、洗面所の水気を拭き取り人気のない部屋に戻す。
機転をきかせたお陰で自分の存在を殺人鬼に知られないですむ。しかし母親と弟は惨殺され、アレックスは縛られたまま連れて行かれる。
アレックス奪還のため、異常なテンションでマリーは殺人鬼の後を追う。



マリーを演じているのはセシル・ドゥ・フランスと言う女優さんなのですが、フランス人代表みたいなお名前ですね。
日本で言うところの大和明子さん・・みたいな感じ?w
ベリーショートが非常にお似合いになるべっぴんさんでございます。
このマリーは女友達であるアレックスに友達以上の感情を抱いているんですよね。
とにかくフレンチ・ホラーは血の量がザッパンザッパン多いにも関わらずアメリカン・ホラーと違って湿度が高いです。
人間模様のドロドロと言うか、私はめちゃくちゃ好きですけどね。
アレックスを演じておられるのはマイウェン・ル・ベスコ。正直言って綺麗とは思えません・・。
この方、リュック・ベッソンとの間に子供をもうけておられます。しかも17歳の時に。ベッソン何しよるねん。

まぁこの作品はオチで評価が分かれてしまいますね。
私はこの手のオチはあまり好きではないので、せっかくワクワクしてたのが「あー・・・あ」と言う気持ちになってしまいました。
辻褄が合わないところが多々あるのですが、アジャが25歳の時のデビュー作と言う事もあり勢いで捻じ伏せております。

とにかくこの作品のお陰で『ヒルズ・ハブ・アイズ』の監督に白羽の矢が当たったワケですから、非常に意義のある作品とも言えますね。


(エファ)   06/08/20

ハイテンション アンレイテッド・エディション [DVD]ハイテンション アンレイテッド・エディション [DVD]
(2007/01/12)
セシル・ドゥ・フランスマイウェン

商品詳細を見る


スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

ザ・プラマー 恐怖の訪問者 (1980)PageTopチェアーズ(2008)

Comment

確かに辻褄には難ありみたいデス

エファさん、今晩は。
レンタルDVDにて観賞いたしました。
予告篇を観た際には物凄く恐ろしい作品のように
感じましたが、さほど強烈なインパクトは残りません
でした。殺人鬼が人を襲う話をこれまでにイロイロと
観てきたせいかもしれません。
フレンチ・ホラーはいままでほとんど観たことが
無かったので今後の隆盛を眺めていきたいと思います。

>snowman さん

こんにちは!
私もスラッシャーが大好きなのでいろいろ見てますけど、この映画は最後の最後で肩透かしを喰らいました。
内容も、欲を言えばタイトル通りもう少しテンション上げてくれても良かったかな?と思いました。
『フロンティア』もなかなか面白かったですよ♪

最近では『マーターズ』でしょうかね。これも賛否分かれやすい作品ではありますが。

お久しぶりです。

この時代に無い爆薬を使うレッドクリフ2や

ぶっ飛びのフォ−ガットンよりマシですけど

ラストのオチが本当に痛かったです。


>シンさん

お久しぶりです。そしてお返事が遅くなってしまってすみません。
いやーー、『フォーガットン』はオチ通りぶっ飛んでしまいましたねー!
「えーーーっ!」と声を出して驚いてしまいましたよ。あれはもうギャグです。

この作品も、そこまでの運びは凄く好みなんですけどね〜。
どうもオチが(;^ω^)
そんな軽い落胆は『ヒルズ・ハブ・アイズ』で払拭されましたけどね♪

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/239-9c33bccf

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム