FC2ブログ

回転 (1961)

ヘンリー・ジェイムズの原作小説である『ねじの回転』ジャック・クレイトン監督が映画化したもので、主演はデボラ・カー

幽霊ものの古い映画だと知ってはいましたが、今まであまり興味を引かれる事はありませんでした。
そもそも私は幽霊を恐怖の対象として見てはおらず、なので幽霊を題材にしたものが多いJホラーはあまり怖いとは感じないんですよね。

でも先日の『シェラ・デ・コブレの幽霊』の上映会の時に、ちょうど『回転』の話題になったんですよ。
そう言えば・・と、昔地上波で見たモノクロの古い映画を思い出しました。
感じが『シェラ・デ・コブレの幽霊』に似てるかも?あれって『回転』だったのか?それとも違う映画?
凄く見たくなってきたゾ・・でもこのDVD高いゾ・・いつか見れるチャンスが来た時は必ず・・

と思ってたらチャンスが来ました。Mr.Pちゃん有難う♪
偶然にもDVDをお借りする事ができたので見てみました。

両親を事故で亡くした幼い兄妹の元に、1人の家庭教師がやって来る。
兄妹が住む屋敷をひと目見て気に入った家庭教師は、素直で天使のような兄妹ともすぐに打ち解け幸先の良いスタートを切る。

だが徐々に屋敷内にいるはずもない人影を見出し、兄妹の言動にも不気味さを覚えた家庭教師は家政婦を問い詰め、そして驚愕の事実を知る。


内容をストレートに文字で書いてしまえば大したことのない話だと思います。
家庭教師のギデンス(これ覚えにくいヨ)がデボラ・カーなのですが、誕生日から数えてみたら40歳くらいなんですよね。
確かに中年なんですけど、まぁこんな綺麗な中年女はそのへんにはいませんわね。
格調高いお屋敷の中ですっかり絵になるギデンス先生でございます。
だけどただ綺麗なだけじゃないですね。
この作品の怖さを引っ張ってるのは、紛れもなくデボラ・カーの演技力です。


詳しい事は他のサイトで沢山のレビュアーさんがお書きになられてるので割愛します。
なぜって、この映画は私には難しすぎます(;^ω^)

幽霊ものとして見てしまうと、正直言って私は全くこの映画に怖さは感じません。
この屋敷には、以前住み込みで働いていたクイントと言う男とギデンスの前任家庭教師である女の幽霊がいる・・っていう設定なんですよね。
男の幽霊はまぁまぁアップで出てきてガオーっと脅かしたりするのですが、女の幽霊は池の側で佇んでるだけ。こちらの方が凄く怖いです。遠目なのが余計怖い。

ギデンスはこの悪霊に子供達が取り憑かれていると確信し、何とか救い出そうとするワケです。
だけど、幽霊なんかよりギデンスの方がよっぽど怖くなってきます。
家庭教師が妄想に取り憑かれてるとしか思えない。

私は最初、この兄妹たちに邪悪なものを感じたので「あ、『ザ・チャイルド』的なものか。」と思いながら見てました。
だけど映画自体に幽霊の描写も出てくる事から「あれっ。ほんまに乗り移られてたんか?」と思いなおしたり。

この映画を難しいと書いたのは、私が今の劇中説明過多に慣れすぎてしまったせいかもしれません。
物語を簡単に捉えると非常に簡単な内容で終わってしまうのですが、この映画には「ここぞ」というところに説明がないんです。謎だらけ!

更にはですね、この映画の前日譚として『妖精たちの森』と言う作品が1971年に出ています。
そこにはクイントと前任家庭教師のジェスルが、兄妹にどれほどの影響を与えていたのかが分かります。と共に、私が兄妹に感じた邪悪なものを決定付けてくれました。

そしてこの『回転』をリメイクした作品が1992年に『ホワイト・ナイトメア』として出ているようです。
こちらは未見ですので、また見てみたいと思います。

私が普段よく見ているホラー映画はエロと二人三脚だったり笑いと紙一重的なものが多いのですが、古い時代のホラー映画には美を感じますね。
私が昔地上波で見たモノクロの古い映画は結局この『回転』だったのか、それも併せて謎の作品でした。

(エファ)
回転 [DVD]回転 [DVD]
(2007/08/25)
デボラ・カーピーター・ウィンガード

商品詳細を見る


スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

【チャットのお知らせ】PageTop悪魔の棲む家 (2005)

Comment

割りに好きな映画です

パンフレットと原作を読んだ感じでは牧師の娘として生まれた中流階級の知的だが婚期を遅らせてしまったオールド・ミスの主人公が雇い主である兄妹の叔父に対する抑圧された性的な魅力にとりつかれるが、やがて彼への愛情は兄マイルスへの偏愛となる。しかし、クィントの霊が兄マイルスに、ミス・ジェッセルの霊が妹フロラに乗り移り、死んだ二人は現世でもみだらな恋を語り合うところに彼女を恐怖される原因があるみたいです。
妹役のフロラは「ヘル・ハウス」のパメラ・フランクリンですね。調べていて驚きました。
黒沢清氏がベストにあげていますが、得体の知れないものというところで納得しました。

>クロケットさん

やっぱり原作本には細かな設定があるんですね。
欲求不満のオールドミス・・
確かに。そう言われれば思い当たる節もありますね。
図書館で予約しましたので、読むのが凄く楽しみです。

実は『ヘルハウス』・・
まだ未見なんですよね(TT)家にあるのに。
いや、昔地上波で見たには見たんですがほとんど覚えてません。
なので、この機会にちゃんと見てみます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/228-713955bc

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム