FC2ブログ

I Love Horror

皆さんこんにちは。度々ここで映画レビューを書いてますエファです。
いつも私の独断と偏見に満ちたレビューを読んでいただいて有難うございます。

季節はいつの間にか秋から冬に移行していったようで、パソコンのキー打つ手もアンデッド状態なので手袋を装着しています。
手袋っつってもあれですよ。手先の部分だけ出てるやつですよ。気分はまるでブラック・エンジェルズ。思わず「このド外道が!」と呟いてしまい・・ませんけど。

そんな事はどーでもいいんですけど、今日は私とホラー映画と言う事で書きたいと思います。

私が生まれ育った家は下町の商店街の側にありまして、徒歩5分の距離に映画館がありました。
神宿会館と言う立派な名前がある事は大人になってから知ったのですが、その建物が黄色かった事から地元では黄色い映画館と呼ばれてました。そのまんま(笑)

時代を感じますが、当時は映画の2本立て3本立ては当たり前だったので、子供はそこそこ安いお金で贅沢な娯楽を楽しむ事ができたんですよね。
初めて1人で行ったのは小学校3年生の時でした。黄色い映画館に恐怖映画3本立てと言うのがやって来たんですよ!
この時の私はまだ自分がホラー映画好きと言う事に気付いてなかったんですけど、母親に「行って来たら?」とお金を渡されて「まぁいいか」くらいの感じで映画館へ向かったんですよね。

1本目はどこかの国のホラー映画。まぁ洋画って事ですね。
2本目も洋画ホラー。

この2本については全く覚えてません。
なぜなら、3本目に見た映画のインパクトが凄すぎたからです。

大林宣彦監督の『HOUSE』でした。

今見たら多分全く怖くともなんともないと思いますけど、当時子供だった私はスクリーンを食い入るように見てました。それほど強烈だったんです。
私のスラッシャー好きはこれがスタートだったのかもしれない。

あの高揚感がまた欲しくて、私はホラー漫画にもハマりました。ひばり書房とか。
当時は地上波でもサクサクとホラー映画が流れていたので、頻繁に見る事も可能でしたね。
金曜ロードショーなんか『ジョーズ』何度も流してませんでした?
あの『ジョーズ』に出てくる市長の背広ってナニワ金融道っぽいよね(笑)

日曜の午後なんかは普通に『サンゲリア』『バーニング』流れてたし、私のホラー好きはますます加速していくばかり。

父親に連れて行ってもらった『バタリアン』で私の心はホラー1色に染まってしまいました。今でも『バタリアン』は私のマイ・ベスト!

そして手にしたこの本↓

ホラー映画大百科

当時ケイブンシャの○○大百科と言うのが流行ってたんですよね。
もう恍惚の1冊でした(笑)
内容はホラー好きならば1度は目にしただろうメジャーな映画から、そんな映画知らんわ!と言うようなマイナーな映画まで盛りだくさんのラインナップ!
擦り切れるくらい何度も何度も読みました。個人的にはバイブルです(笑)

私の家は神戸の震災でぺチャンコになってしまったのですが、残念ながらこのバイブルも瓦礫の1部と化してしまい探すことは不可能でした。

ですが私は探しました。
探し当てました。オークションで!値段なんかどうでもええわ!!

2009年現在。
地上波でホラー映画が流れる事は稀となってしまい、流れる際はカットが入る。
家族で楽しめる『13日の金曜日』すら流れない。
劇場映画のCMすら滅多に流れない。

いいの?これで。
隠れホラーファンとか実は凄くいる気がします。
何でもかんでもと言うわけじゃない。子供が理由なしに殺されたりと、アンモラルなホラー映画は私もどうかな?と思ったりします。
だけど、もうちょっとホラーにスポット当ててくれてもいいんじゃないの?ねぇ?

来月の5日、6日は神戸の新長田で『憑依』の上映がございますので、良かったらお越し下さいね。


と言うワケで、本日は私のたわ言にお付き合い有難うございました。また会おう!

(エファ)

スポンサーサイト







人気ブログランキングへ

イングロリアス・バスターズ (2009)PageTopHOSTEL ホステル (2005)

Comment

愛着を感じました。

ホラーに関してのエファさんの愛着を感じました。
大林監督は『ねらわれた学園』がハズレすぎでしたが
『HOUSE』はずっといい作品でした。
感電する小林亜星、ピアノに食べられる女の子、
鍵盤の上で指先だけが奏でる音楽、下半身パンティ
姿で戦う“カンフー”.....。
イロイロなイメージが溢れている作品でしたネ。
当時の洋画ホラーならオリバー・リードの『家』
あたりが併映だったかもしれないですね。
ひばり書房は女の子向けに恐いマンガをイロイロと
出版してましたね。男の子向けってないんですよね。
多分、男の子って恐いのよりエッチなのが好きだから
だと思いますが。(ごめんなさい)

>snowman さん

snowmanさんは本当にいろんな映画を見ておられる上、よく覚えてらっしゃいますね〜!
私はスイカに変えられた女の子のシーンが凄く強烈で、南田さんの口の中から目玉がギョロッと出てくるのに恐怖を覚えました。
どこかノスタルジックでファンタジー。今の邦画ホラーにはムリでしょうね。
そう言えば『家』が基になってるんでしたっけ?
『家』ももう1度見たいです。

男の子用の恐怖漫画と言えば『エコエコアザラク』あたりでしょうか?
結構ヌードになってますもんね( ̄▽ ̄)
snowmanさんは何かお好きな漫画とかありましたか?

好きなマンガといえば...

>snowmanさんは本当にいろんな映画を見ておられる上、
>よく覚えてらっしゃいますね〜!
とんでもございません。恐縮デス。(^^;
>男の子用の恐怖漫画と言えば『エコエコアザラク』
>あたりでしょうか?
ソレがありました!
秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」でした!
あと、つのだじろう先生の『恐怖新聞』とか。
そうそう、楳図かずお先生の『鬼姫』はよかったです。
最近は非ホラーですけど『CLAYMORE』がよいですヨ。

>snowman さん

週間ジャンプやマガジンはもちろん好きでしたけど(昔は面白い漫画がいっぱいだった)、でも私が1番好きだったのはチャンピオンでした(笑)
「七色いんこ」とか覚えてます?「あんどろトリオ」とか危なげな漫画もあったような・・( ̄▽ ̄;)

「恐怖新聞」持ってましたよ!でも「亡霊学級」の方がインパクト大でした。
そして「鬼姫」も持ってました。可哀想でしたよね。単純な話でしたけど、やっぱりこれもインパクトあったのかずっと覚えてます。
楳図先生の漫画では「洗礼」が好きです。

「CLAYMORE」は初耳です。探してみますね。
私が最近好きでよく読んでるのは「闇金ウシジマくん」でしょうか(笑)

あッ〜ケイブンシャ!!
懐かしい!昔SF映画百科もってました!スターウオーズの公開時の頃デス
確かにホラー映画は冷遇されすぎですね。
平成元年ころは週末の夜中に12チャンで深夜〜朝までホラー映画流してたな〜主に60〜70年代ホラーですが。
来年はけっこうホラー映画公開されソウですね。
パラノーマルとかロメロゾンビとかバイオ4とか深夜肉電車とか。

>クリコさん

ケイブンシャって流行りましたよね♪
図書館にも何冊か置いてあったような気がします。ホラーはなかったですけど(笑)

平成元年、確かに夏休みの深夜とか結構流れてましたね。
シネマチューズディとか何とかだったと思いますけど、ホラー特集とかもありました。
『毒々モンスター』なんかも流れてましたし。

『パラノーマル〜』気になりますネ!
深夜肉電車って『ミッドナイト・ミート・トレイン』ですか?w
見ましたけどイマイチでした( ̄▽ ̄;)
もっとブッ飛んで欲しかったです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/193-a6433098

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム