デス・プルーフ (2007)

『グラインドハウス』で公開されたタランティーノ作品、『デス・プルーフ』

こちらはホラー要素よりもカー・チェイスが主なので、カー・アクションの部類に入るのかもしれない。
ただ、あのタランティーノの作品なので熱くなるようなアクション劇ではなく、ねっとりとした油が突然爆発するような、そんな感じ。
ちなみに、そこそこ詳しく書いてます(笑)



舞台はテキサス。人気DJであるジャングル・ジュリアと、その友達のアーリーン、シャナ達3人は街のバーでハッパと酒で最高にハッピーになっていた。

しかしそのバーで、顔に派手な傷のあるスタントマン・マイクと言う男が近寄ってくる。この男の乗る車はボンネットにドクロマークを乗せたデス・プルーフ!(耐死使用)

車を武器に美女を狙うスタントマン・マイクの標的となった3人は、本人達も気が付かないうちに昇天する事となる。

それから14ヵ月後。今度はテネシー州でスタントマン・マイクは標的を見つける。
ところが標的となった女達は本物のスタント・ウーマンであり、マイクに負けずとも劣らないドライバーテクニックを持っていた。

スタントマン・マイクとスタント・ウーマンとの壮絶なカー・チェイスが始まった



タランティーノ好みのbitchが8人出てきます。

最初に標的となる3人はシドニー・タミーア・ポアチエシドニー・ポワチエの娘)、ヴァネッサ・フェルリト『スパイダーマン2』)、ジョーダン・ラッド『キャビン・フィーバー』でドロドロに溶けた人)。加えて、ロドリゲス作品のヒロインを務めたローズ・マッゴーワンも出てくる。

スタントマン・マイクにはカート・ラッセル
耐死使用の車でbitchを殺す事に快感を覚える変態男の役だが、彼はどちらかと言うとトラックの方が似合ってますよね。
最初はスタローンミッキー・ロークに話が行っていたようです。

冷徹な殺人鬼と言うよりは、凄く人間臭くて間の抜けた殺人鬼なんですよね。カート・ラッセル本人もこの役に大ノリだったらしく、自ら加えたアイデアも盛り込んであるそうです(なかなか出ないクシャミなど)。

後半にもbitchが4人出てくるワケですが、こちらは前半と違って大人しくヤラれるたまじゃなかったからマイクも大泣きなワケですよ!

後半はゾーイ・ベル『キル・ビル』でのユマのスタトマン)、ロザリオ・ドーソン『シン・シティ』)、トレイシー・トムズ『RENT』)、メアリー・E・ウィンステッド『ファイナル・デッドコースター』)の4人が標的になるのですが、ゾーイ・ベルは本人役でそのまんまスタントマンとして出ています。
トレイシーが演じるキムとゾーイは、車が大好きな超逞しい女性。
憧れのダッジ・チャレンジャーに試乗する事になったのだが、ゾーイがダッジで興奮してる最中にデス・プルーフが顔を現すワケです。

女性達の意味の無いお喋りが延々と続きます。
タランティーノには意味があるようですが、見てる私には無意味でテンポが遅くイライラ。
更に、特に前半の標的にされる女性達は生足を強調するかのような厭らしいアングルが続き、タランティーノの趣味全開と言った感じです。監督本人もバーの店長役で出演していて、バーに置いてあるジューク・ボックスは私物との事。

この映画で使われる曲はいろんな映画から摘んできたものが結構あり、芸が細かいです。

スラッシャーとはかけ離れたような展開にも思えますが、丁寧になぞりつつスラッシャーでは有り得ない展開に持っていったり、誰も考え付かないようなストーリーに驚きです。

最初に数人の犠牲者が出たあと、スラッシャーではたいてい追い詰められた女性が反撃に出ます。
この反撃が見ててスカッとするんですよ

ホラーに出てくるヒロインって結構見ててイライラさせられるのだけれど、この映画の後半に出てくる女性達は殺人鬼が泣きを見せるくらいの猛者

カー・チェイスのシーンではCGを使っておらず、ゾーイが本当にスタントを見せてくれます。凄くハラハラしますよ


この『デス・プルーフ』タランティーノ監督ファンなら間違いなく興奮できると思います。細かい芸、奇抜な展開、迫力満載のカー・チェイス。予算のほとんどは車に使われたであろうこの作品、大スクリーンで見た方がより一層楽しめるとは思います。

『キル・ビル』のスタントで出たゾーイ・ベル、他にも『キル・ビル』に出ていた女性がbitchの中にもう1人います。気が付くと面白いかもしれません

更に、この映画を見る前に『バニシング・ポイント』『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』を見ておいた方がもっと面白くなるかもしれませんよ。

お奨めの1本です



↓以下ネタバレ↓









ラストは女3人の鉄拳にノされるカート・ラッセル
本当、スラッシャーには有り得ない展開ですよ。ボッコボコですから!!

で、ボコボコにやっつけたと思ったら一旦「END」とかで終わってしまうんです。
昔のカンフー映画でよくありましたよね。
復讐して、相手倒したと思ったら即効で「終劇」とかで画面が縦長になっちゃうの。

この映画、最初から最後までお遊び心たっぷりのタランティーノ監督の趣味の世界です。しかし、趣味をここまで表現できるのは間違いなく才能だと思いました。

レンタルショップで働く映画オタクは、凄い才能の持ち主だった・・・面白いですよね


(エファ)     07/09/03

デス・プルーフ プレミアム・エディション [DVD]デス・プルーフ プレミアム・エディション [DVD]
(2008/02/22)
クエンティン・タランティーノヴァネッサ・フェルリト

商品詳細を見る
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

バリケード (2006)PageTop処刑島 (2006)

Comment

前半では怪しい雰囲気を出していたカート・ラッセルが後半ではとことん情けなくなっちゃいましたね。ごめんなさいとか言ってるし。それに耐死仕様車の設定はどこにいったのやら普通の車にガンガンぶつけられてヒーヒー言ってるし・・・

女性達のお喋りが長すぎてイライラしました。2回も繰り返されるし。カットしたほうがテンポよくなると思うんですが、監督には意味があるんですね?あ、「歓びの毒牙」の曲が使われてましたね。

Re: タイトルなし

タラの作品はホントにお喋りシーンが多いですよね。
『レザボア・ドッグス』も延々とおっさんの会話が続いてましたしね〜。私もガールズ・トークにはイライラさせられました。

まぁこの作品は、カーアクションのみが売りでしたね。
あとは細かい部分に他の映画の陰を探すところ・・でしょうか。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/129-ef7dc4b5

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム