スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

プロが選んだはじめてのホラー映画 

書籍紹介です。

よく出る話しではありますが、80年代後半極悪な幼女連続殺人事件がありました。
その犯人の部屋のあった大量のアダルト映画やホラー映画のビデオ。
当時その映像はTVだけでなく、雑誌などにも多く露出した。
その露出だけが100%の原因ではないものの、確かにひとつの要因となり、
以降ホラー映画は明確な基準のない「自粛」という傾向のまま、
TV放映は極端に少なくなっていった。
ある程度の年齢の人なら、日曜洋画劇場などのいわゆるゴールデンタイムに、
当時オカルトとかパニックとか呼ばれていたホラー映画をご家族で見た記憶がおありだと思う。

今年3月、フランス映画祭でホラー映画が3本上映された。
今ちょっぴり話題のフレンチホラー「マーターズ」も上映された。
ホラー映画が注目されるのはうれしいし、隠れたスプラッター天国のフレンチホラーに興味を持つホラーファンは少なくないと思う。
しかし、上映時間は24時から。しかも3本立て続けに1回こっきりの上映。
13日の金曜日だったということで、イベント的には悪くないアイデアかもしれません。

ホラー以外も24時からの上映はありましたが、
それはすべて昼間も上映していて、2回目の上映が深夜なワケですよ。

ホラーに興味がある人はどんな時間でもいけると思っているのでしょうか。
2本目だけ観たいとか、3本目だけ観たいとか、ノーチョイスだったワケです。
ホラーファンが虐げられていると感じるのは被害妄想ですかそうですか。
私は主催者のセンスを疑いますね、というよりホラー映画に愛がない。

そんなこんなの立場にあるホラー映画を塩田時敏氏監修で、
5人のプロが各10作品、合計50作品を紹介している本がこちら。

プロが選んだはじめてのホラー映画―塩田時敏ベストセレクション50プロが選んだはじめてのホラー映画―塩田時敏ベストセレクション50
(2009/07)
塩田 時敏

商品詳細を見る


執筆者は塩田氏以外に、江戸木純氏、三留まゆみ氏、森直人氏、鶴田法男氏。
選択の基準は日本で公開実績のある洋画ホラー作品だったようです。
いやいや、選ぶのは相当ご苦労だったことでしょう。
楽しみでもあったでしょうけれど。

5人のプロの視点での作品紹介は、ただの評論ではありません。
文章力の高さはもとより、冷静な分析力と情熱を感じる、
生業として深く関わっているからこそのものになっています。
ちまたにあふれる面白いか面白くないかだけの感想の素人レビューや、
わかりきっている情報しか無い作品説明本とは全く違います。

本書初めにある塩田氏の「読者のみなさまへ」には、
この本が作られた意味が書かれていると思います。
各執筆者の個性が分かる「私にとってのホラー映画&執筆者プロフィール」は、
本体の作品紹介とはまた別に充分に楽しめるものでした。

ホラー映画に愛のある人に触れたい人におすすめします。
(nasu)
スポンサーサイト




人気ブログランキングへ

今日も僕は殺される (2007)PageTop怪談新耳袋劇場版 幽霊マンション (2005)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://mebiusringhorror.blog93.fc2.com/tb.php/116-ca81fa03

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。