ヒューマン・レース (2013)

あっと言う間に春が近づいてます。みなさん、こんにちは。
またまたずいぶんご無沙汰してしまいました。
1番上に変な広告が入らないように更新していきたいですね(;´д`)

もう何年も続けていたオンラインレンタルのDISCASとついに手を切り、現在はAmazonプライムビデオNetflixの2つで映画ライフを送っております。
子供の頃は映画を見る手段と言えばレンタルビデオしかなかったけど、今は多様化されていて便利になりましたねー。
スマホとかでも移動中などに見られるみたいですけど、画面が小さすぎて疲れないのかしら?


同じ町内に住む80人の人々が眩しい光に包まれた瞬間、待っていたのは死のレースだった。
コースから外れると死亡
レースを拒否したら死亡
2周回遅れになったら死亡
草を踏んだら死亡
生き残るのは1人だけ



61__9ZVgFwL.jpg



Netflixで見ました。
あんまり面白くなさそうだなーと思いながら、全く期待せずに見たのが良かったかもしれないです。まぁまぁ良かったです。
序盤に1人の少女の物語が始まるんですけど、母親も妹も白血病で亡くし自らも白血病と戦う運命になってしまった薄幸の少女。
だが彼女は奇跡的に快復!!
・・・と思った瞬間に死のレースへご招待。そして戸惑う少女は最初の犠牲者となる。
このくだりは面白かったなー。

こんな感じで、こういったバックグラウンドがあったんですよ的なのを挟みつつ、数人の紹介が続く。
元兵士で現在は学校の教師となっているジャスティンと、兵士仲間のエディ。
全く見ず知らずだったにも関わらず、片足をなくして負傷しているエディをジャスティンが助けたのをキッカケに、二人は親友のような関係に。
この片足エディを演じている役者さん、なんと本当に片足しかない方なんですねー。ビックリ。
どうりで動きが俊敏なはずだわ。

学校の副校長を務めるジャスティンは本当に優しく人格者で、このレースで全員助かろうと考える。
2周回遅れになると死んでしまうので、1周遅れとなったジャスティンとエディはトップバッターから次々足止めし、家の中で待機させる。
誰も動かなけりゃ誰も死ななくてすむ・・と言う考えの元なんだろうけど、死にたくない!と必死になる人間は必ずいるワケで、門番係のエディを押しのけて1人の男が突破する。そしてその後にみんなも続く。

まぁそうなるわよねー。
家に足止めしたはいいけど、副校長ならではの演説で説得するワケでもなく、ただただここにいましょう的なノリなんて誰も従うはずがない。
私は足が速いわけでも持久力があるわけでもないけど、こんなレースに参加させられたら最初から全速力で走りますよ。
「待てー!」とジャスティンが追いかける様がありましたけど、あっちの方が怖いです。
何で待たなきゃならんのじゃい。
家に篭城したところで、いつまでもいつまでもいるワケにはいかないじゃない。
走らなきゃ!死にたくなけりゃ走らなきゃ!!

周回遅れで死ぬよりも、誰かに殺されてしまう人数の方が多いんですよね。
ルール違反等で死ぬ時は頭が爆発して死んじゃいます。
誰かが死ぬと残りの人数のカウントが聞こえるんですけど、それぞれ自分の声で直接頭に響いてるっぽい。
なんせ聾唖者にも聞こえてるんですから。

聾唖者の男女が2人出てくるんですけど、別にカップルと言うワケじゃなくて聾唖仲間みたいな。
男の方は女に気がある様子なんだけど、女側には恋愛感情なんてない。
「もしかして死ぬかもしれない」と思った男は、女とエロい事をしようとする。
これってさー。男側にも本当なら別に恋愛感情なんてなかったんじゃないのかな。
こういった極限状態になってしまったからこそ、種を残そうとする本能・・と言えば聞こえはいいけど男のアホさが炸裂しただけなんじゃないの?
死ぬ前に1発・・なんて女にはない発想だよねー。

すったもんだの中盤、けっこう飽きてしまいました。
悪そうに見えて実は・・・やっぱり悪かった男たちが人々を襲ったりするんですけど、地味すぎるー。
死のロングウォークを彷彿とさせるこの作品、もっとアイデアを練れば参加者同士の人間物語も面白くでくるだろうし、目で楽しむ派手な画も作れたんじゃないだろうか。
とにかく地味すぎるー。

最後の最後に「およよ?」と言ったツイストが用意されているんだけど、「今さら面白くなられても・・」と言う感じ。
気になる終わり方ではありましたが、あの展開の全ての着想はされてるんだろうか。

結局このレースの全容は何だったのか、と言うのはきちんと明らかにはされない。
こちら側で想像するのみです。この手の作品はだいたいそうですもんね。
ただ、この作品はファンタジーの部類に入るんじゃないでしょうか。
私としては、よく分からないまま人がキチガイの手によってぶっ殺されていく・・って方が好みです。はい。


(エファ)










人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム