降霊 (1999 日本)

以前
幽霊モノで一番コワイ映画ってあります?
って聞かれたので
イロイロ薦めてみたんですが
そういえば・・・と
コワイ幽霊モノではなく
一番コワイと思う幽霊描写の作品
として話題に挙げた作品がコレでした

実はこの作品
元々映画ではなく2時間もののTVドラマでした
映画のようにレンタル屋にも置いてありますが
主演は役所広司、風吹ジュン
監督は・・・
難解な監督の代名詞
黒沢清
「回路」「カリスマ」など結構???な映画が多い監督ではありますが
その中で一番解かりやすい作品がこの作品
というか好きな作品ですコレ

内容は
事件捜査の協力をしてる霊能者とその夫
そこへ舞い降りた少女誘拐事件という「災厄」で
狂っていく運命
って感じの結構かわいそうな話です

それはさておき
幽霊描写がなぜ最恐と思うかなんですが
怖いと思うのは作品に出てくる<赤いドレスの女>の霊なんです
全く本編の話とは関係のないキャラなんですが
ファミレスかなんかで男の後ろを
ただついて行くって霊なんですが・・・
動きが怖い
前に進むための動きが一切ないのに
意味のない無駄な動きを全身で出してる道理に合わない動き・・・
スーッと滑らかな動きではなく
ノイズのように入るズルって感じの動き
関心は憑いてる男のみって感じの
他への(一途な?)無関心さ
顔が怖い
口元より上がノイズが走ったように
印象がない顔・・・
この監督は本物を見たことがあって
それを映像化したんじゃないか?っておもうほど・・・

貞子さんや伽耶子さんのような
迫ってくる衝撃的な怖さでなく
ただソコに
その人の後ろに
存在してる・・・って感じの
静かな怖さ・・・
見てはいけないものを見てしまって
視線を逸らしてしまうような怖さを感じます

この幽霊の描写
「学校の怪談 物の怪スペシャル」って作品の
「花子さん」(オムニバスの1つのエピソード)にも
似た感じで使われてたなぁ・・・
と思ったら
やっぱり「花子さん」も黒澤監督でした
これも怖いんですが
こちらの「花子さん」は襲ってきますので
ナチュラルさで
「降霊」に軍配です

この描写でもっと映画作ってくれないかなぁ
「叫」は幽霊が美し過ぎて
怖くなかったし~
まあ
未見の方
観てみてくださいな
(ひろろ)

降霊 ~KOUREI~ [DVD]降霊 ~KOUREI~ [DVD]
(2000/06/23)
役所広司風吹ジュン

商品詳細を見る


ひろろさんと意見が分かれますが、私はもともと黒沢清監督とは相性が悪いようです。
その理由の1つとしては「ハッキリしない」「何が言いたいのか分からない」と言うところです。
心霊ものは別にハッキリしなくてもいい、むしろボカした方が怖さは伝わってくるのでしょうけど、私は黒沢監督のボカし方が苦手なんですよね。

この映画でどうしてもツッコミたいのは、主人公が機材を車に運び入れたところで普通は気付くだろうが!と言うところですかね( ̄▽ ̄;)

ホラーと言うよりも、私には2時間ドラマと言う枠がしっくりきます。

主人公は音響技師という設定でしたが、それならデ・パルマ『ミッドナイトクロス』を推します。
この映画のラストは絶妙ですよ。

それにしても、黒沢監督の作品には赤いドレスの女がしょっちゅう出てきますね。
好みか?(笑)

(エファ)






人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

PageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム