スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

サスペリア2 (1975)

自分の主食をホラー映画にしやがっ
もとい
してくれた映画が3つあります
その中の1つがコレ

日本ではファンがとっても多い
ダリオ・アルジェント監督作品
同監督映画「サスペリア」に「2」がくっ付いてますが
全くの別物
続編ではありません
ってか
「サスペリア2」の方が「サスペリア」より早く完成してますし(汗)
日本の公開が「サスペリア」からだったため
配給会社がブランド的に勝手にタイトルつけたんですね

最近は区別のためか日本でも
DEEP RED」のタイトルでリリースされてるみたいです

内容は
監督お得意の
オカルトチックな雰囲気がありつつも
サスペンスです
まさに
イタリアン・ジャーロの傑作!!
ちなみにジャーロとは
犯人コイツやったんかい!!
とビックリ解決するサスペンスのこと(かいつまんでます)

そしてこの作品
犯人にビックリよりも
もっとビックリな仕掛が仕込まれてます!
映像だからこそ出来たこの仕掛
いやいや
すばらしいですねぇ!!

もちろん殺し方の方も
キッチリ残酷シーン満載!
さすがはアルジェント
ツボおさえてます(笑)

でも子供の頃に見た方は
残酷シーンより
人形の方が
トラウマになった人多いかも・・・

もしももしも
この映画観てない!
って方いましたら
これは
観てください!
ってか
観なさい!!(笑)

(ひろろ)

サスペリア PART2 / 紅い深淵 完全版+公開版 [DVD]サスペリア PART2 / 紅い深淵 完全版+公開版 [DVD]
(2005/07/23)
デヴィッド・ヘミングスダリア・ニコロディ

商品詳細を見る








人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ザ・チャイルド (1976)

2008年の春、30周年特別版HDデジタル・マスターDVDが発売されたカルト映画。
小さな子供が大人を襲う映画と言えばキング『チルドレン・オブ・ザ・コーン』などが頭を過ぎりますが、この『ザ・チャイルド』はそれよりも古い1976年のスペイン映画。


舞台はスペインの港町。ある日、ビーチに若い女性の死体が流れ着く。溺死かと思われた死体だったが、よく見るとあちらこちらに刃物で刻まれた跡があった。そんな陰惨な事件が起こっているとは知らないトム・イブリン夫妻は、このベナビスと言う町にバカンスにやって来る。ちょうど町は夏祭りの真っ最中で、観光客が溢れていた。3人目の子供を妊娠中と言う事もあり、夫妻は騒がしいベナビスから逃げるようにアルマンソーラ島へ向かう。

町から船で4時間のアルマンソーラ島は、観光客も来ない静かな島。この島に1軒しかないと言う宿を探す夫妻だったが、船から降りて歩くも子供の姿しか見えない。違和感を拭えない2人だったが、この島で起こっている恐ろしい事実に少しずつ気付いていくのだった。


<ネタバレ含みます>

冒頭の約8分は、モノクロの実録映像が流れます。
各国で戦争や飢餓に苦しみ、夢や希望、一縷の楽しみさえも味わえないまま死んでいった子供が映し出されます。
正に「絶望」の約8分。そしてその映像のアクセントとして流れるのは、子供のハミングと笑い声。凄まじいギャップに嫌悪感を覚えます。
このハミングを聞いたら、多分しばらく頭から消えないと思いますよ。

物語は至ってシンプルで、島にいる子供達は次々と大人たちを殺しちゃうワケですよ。しかも凄く楽しそうに、遊び感覚で殺していきます(原作タイトルは「子供の遊び」ですから)。
いくら何でも子供相手なんだから本気出したら大人が勝ちそうなもんなんですが、この映画の米題は『Who Can Kill a Child?』です。
「誰が子供を殺せるか?」って事で、「子供を殺す事などできやしない」と言う事になります。心理を突いてますね。
冒頭のモノクロ映像と言い、「ついに子供が逆襲に出た」と言った感じなんでしょうか。

映画の話に戻りますが、島にやって来てからトムとイブリンは不穏な空気を早い段階で察知するのですが、情報収集のためトムが1人で島を模索し始めます。
ベナビスの喧騒から逃れるように島にやって来る・・と言う流れではありますが、ベナビスの祭りで花火が打ち上げられていましたが、花火と言うよりはもはや爆弾並みの爆音ですよ。そりゃ逃げ出したくもなるわ・・(;^ω^)

トムに至っては、子供が笑いながら老人を殴り殺し、挙句の果てに集団でスイカ割りのように大人を扱っている現場を目撃するワケですが・・・

え~~と・・・普通なら・・と言うか、私ならこれ以上情報収集などせず身重の嫁はんを抱えて、真っ先に船に乗り脱出しようとします。

ところがトムは嫁が「ココ何かおかしいで!」と警笛を鳴らしてるにも関わらず、「まぁとにかく落ち着いて落ち着いて」みたいな感じで、のんびりしすぎなんですよこんな恐ろしい状況に陥っていると言うのに危機感ゼロ

集団で襲われたあと嫁をベッドで寝かせて水を飲ませるシーンがあるのですが、ドア開けっぱなしつい今しがた撃たれそうになったとこでしょ~が

そんなこんなで、トムには全く感情移入はでき兼ねます。
と言うのも、イブリンは妊娠6ヵ月と言う設定なのにトムが全く妊娠を喜んでいるふうではないんですよね。イブリンも「堕ろせってか!?怒り」と若干キレてましたし、全くトムは頼りにならん男ですよ。

ただ、ラストあたりになってトムが「ええがげんにせんかいとようやく反撃に出るのですが、ここでは逆に嫁が足を引っ張ります。
あんたら合わないヨ。

ホラー映画によくある「走れ!」と言われて「ダメ・・もう走れない~~」と言うヤツは心底腹が立ちますよね。あれを嫁がやってくれます(笑)

島の中でも隣町の子供達は普通だったのですが、ザ・チャイルドな子供が恐ろしい眼差しで伝達のようなものをした直後から、やはり悪魔的なものが伝染していました。なので、何らかの魔的なものが背景にあるようなのですが、映画ではそこは曖昧なまま子供達は島を出て終わります。

映画自体は1時間半を若干越える尺なのですが、ホラー特有の驚かせるような効果音はなく、あくまでも静かな展開です。
眩しい太陽、輝く海、港町の白い壁・・・・子供達の笑顔。
冒頭と言い、嫌悪なほどのギャップを感じる映画です。

ちなみに、この同じ年に『オーメン』が制作されています。

(エファ)

ザ・チャイルド <30周年特別版> [DVD]ザ・チャイルド <30周年特別版> [DVD]
(2008/03/20)
ルイス・フィアンダープルネラ・ランサム

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ

女性器  (2007)

じゃ、私もひろろさんのネタに乗っかったレビューを載せる事とします(笑)


この作品は非常に面白いです。
インディアンの神話である「vagina dentata」の話を 題材にしたホラーであり、まぁそれが面白いのですがそれが故に国内DVD化は難しいのかもしれませんね。
いや、でもこんなに面白いんだから近々出るかも。(出てます)

ケンタッキー州に住む女子高生ドーンは純潔を貫き通す団体に属し、学校内ではバカにされるが純潔に対する信念を強く持ち、純潔の純潔による純潔のためのスピーチでも団体内では大絶賛を受ける。
だがそんなスピーチの時に、1人の男子学生トビーに恋をする。
トビーもまた純潔を貫く団体の1人であったが、同じくトビーもドーンに恋をする。

あくまで純潔を守りたい二人ではあったが、思春期真っ盛りのトビーは自分を抑える事が出来ずドーンに迫る。

しかし、ドーンには恐ろしい秘密があったのだった。


高校生っつったら、まぁ「恋」でしょ(笑)少なくとも私の中では「勉強」ではなかった事は確かだわ。
とは言っても恋してても純潔は守れるワケであって、ドーンが学校内で「純潔だって!バカじゃない!?」的な扱い受けるのは納得できない。
アメリカだからだろうか。しかもドーン役のジェス・ウェイクスラーは結構可愛いですよ。

結局ドーンとトビーは会わずにはいられなくて、ちょっとした洞窟のある湖でデート。
それまでトビーはなかなかの好青年っぽかったのに、水着を纏ったドーンを目の前にして興奮を抑えきれず、アホ丸出しで迫っちゃうんですよねー。
我慢できない理由がまたウケる( ̄▽ ̄)
結果、トビーの下半身は大変な事になるワケですがびっくり


冒頭にも書いた「vagina dentata」という神話は、女性器に歯が生えたお話なんですよ。
男性側からすれば、「どうぞ純潔を守っててください」とお願いしたくなるような秘部なワケですね。
ですがドーンは美少女なので、巷の男どもは放っとけないですわな。これがもしブスだったら一生事件は起きなかったかも(笑)

ドーン自身も自らの性器に何らかの異常がある事は分かってはいたものの、人様とどう違いがあるのかなんて分んないワケで、とうとう婦人科へ。

ここのシーンは爆笑でした
ドーンの笑いを誘う表情といい、医者の顛末といい・・・
どうしてそうなってしまったか医者は口を閉ざしていましたが、やっぱり下心があったんでしょーね。手袋外すなんておかしいもんねーーーザマーミロだわよ。

ドーンには義理の兄がいるんですが、映画の導入部分はドーンと兄のプールシーンから始まる。
この件を引き金に兄は荒んでしまったんだと思うんですが、ちょっと可哀想でもあります。
ただ、あのモミアゲは犯罪としか言い様ありませんが・・(笑)
女性器に対して酷いトラウマを抱えた兄ですが、最後の方でようやくトラウマを克服できたと思いきや、ああ無残

とにかくドーンの表情がいいですぱちぱち
純潔純潔と騒いでいた彼女ですが、アッと言う間にSEXの虜となってしまうんですよ。
1度や2度経験したくらいでハマるもんかしら~??男はともかくとして。

ラストのドーンの顔付きは既に純潔を謳う乙女ではなく、あれだけ悩んでいた「vagina dentata」をコントールするまでになっており、身震いするほどの悪女の顔でした。

監督はミッチェル・リヒテンスタイン
この作品がデビューであって、脚本・原案・監督と頑張られたようです。

(エファ)

こちらなんだかちょっと『スリザー』っぽいジャケ。もっと面白いジャケ作れば良かったのに。


TEETH





人気ブログランキングへ

心霊写真 (2004)

ハリウッドでリメイクされて公開された『シャッター』のオリジナルなんですが、リメイクでは奥菜恵が出ていたりとちょっと期待してましたが・・。

軍配は完全にオリジナルの勝ちではないでしょうか。
オリジナルはタイ・ホラー。かなり湿り気帯びてます。

カメラマンのタンと恋人のジェーンは友人の結婚式の帰り道、車で女性を撥ねてしまう。そのまま走り去った2人だったが、それ以降奇妙な出来事が起こりだす。ジェーンは車で轢いてしまった女性に関係があるのだと察し、その事故を調べてみるが・・・。

粗筋を読んだだけだと『ラスト・サマー』あたりを思い出しちゃいますが、中身は全く違います。
犯人探しではなく『リング』に似た感じかも。
伏線も引いてあり、ラストでは背筋が寒くなる事シーンもあります。

でもホント、最後の最後は
「えっ!ちょっと待って!もっかい見せて!!」となるので、レンタルで見るのに相応しい作品です。

この映画、本物の心霊写真を使用しているとかで少しトラブルがあったようですね。
CM制作会社の助監督2人が共同で撮ったらしく、監督が2人なら取り直しも二倍、こだわりも二倍。
カットなしの完全版なら10時間くらいあるそうな。

それにしても主役の俳優さんが男前♪
アナンダ・エヴァリンハム君と言うらしいですが、目の下の黒子が江藤潤を思い出させる(好きだった)。
加藤雅也にも若干似た感じが私の好みど真ん中顔(きらきら)

アナンダ・エヴァリンハム

ど~ですか!男前じゃないですかぁ~?

韓国ホラーがもてはやされる中、全然引けを取らない映画だと思います。
まぁストーリーに新鮮さはなく王道をいってるとは思いますが、それでも湿った恐怖感がナイスな映画でした。

リメイクを見る前に見る事をお奨めします

(エファ)

心霊写真 [DVD]心霊写真 [DVD]
(2006/10/27)
アナンダ・エヴァリンハムナッターウィーラヌット・トーンミー

商品詳細を見る






人気ブログランキングへ

ザ・スタッフ (1985)

副題 「ゾンビのデザート」 (笑)

甘くておいしいデザートが発売されて
大ブレイク!!
みんなこぞってこの新しいデザート「スタッフ」に飛びついた絵文字名を入力してください
ところがこのデザートは・・・宇宙から地球侵略に来た得体の知れない生物だった!

大量に食べた方々は
体を乗っ取られ(ある意味)ゾンビ状態に

スタッフが夜中に動いているのを見た少年は
スタッフを食べるのを嫌がるが
両親たちはすっかり乗っ取られる

スタッフの秘密を知ろうと企業に近づく産業スパイは
スタッフの正体に気づく

そしてこの少年とスパイが合流し
ちょっと危ない軍隊を仲間に引き入れ
スタッフとの全面対決に!


この危ない軍隊の将軍がいい感じのキャラです
戦闘大好きタカ派バリバリで危ないけど
話しがわかる人なのです
普通この手の位置にいる人
頭固くて信じなくてラスト近くに殺られちゃうんですが(笑)

この映画
チープさはプンプン匂うのに
意外な展開の妙で
なかなかの面白さがあります
あなどれません

しっかりB級でカルト入りしちゃってますが
パワー感じる作品って
いいですね!

とにもかくにも
冷蔵庫に入れておいたスイーツが
夜中に動いてるのを見たら
食べないようにしましょう

(ひろろ)

ザ・スタッフ [DVD]ザ・スタッフ [DVD]
(2006/06/19)
マイケル・モリアーティ

商品詳細を見る







人気ブログランキングへ

PageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    ****

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。