FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人気ブログランキングへ

スケア・キャンペーン (2017)

最近日が長くなってきました。
花粉とかPM2.5とか飛びまくってるみたいで、花粉症の方は大変そうですね。
うちの子たちも鼻水ズルズル言ってて目も充血してます。
私はなんともないんですけど、年取って急になるって人もいますもんねー。急に治ったってのは聞いた事ないけど、これって治るもんなんでしょうかね??

今日は心霊ドッキリを題材にした風変わりなホラー映画、スケア・キャンペーンです。

人気TV番組「スケア・キャンペーン」。出演者をニセの心霊現象などで怖がらせて、その様子を隠しカメラで撮影するというドッキリで長年視聴者を楽しませてきた。しかし最近では、人気も停滞気味。そんな中、かつての栄光を取り戻そうと企画されたのは、廃墟となった病院でのドッキリ。準備が完了し、そこにどことなく様子のおかしいターゲットの男がやってくる。だがそいつはなんと、本物の殺人鬼だった…!(amazonより)

sukea.jpg

監督は「モーガン・ブラザーズ」を撮ったケアンズ兄弟ですね~。
そんなつもりじゃなかったけど本物の殺人鬼が現れた!!・・と言う流れは結構ありますけど、YouTubeやSNSでは過激な動画が後を絶ちませんので、面白いところに目を付けたんじゃないでしょうか。

海外のドッキリとか浮気調査の番組とか、日本では考えられないくらい過激でビックリしますよね。
そりゃ生ぬるいドッキリ番組は自然と淘汰されてしまいますねー。
ライバルとして現れるYouTubeを賑わす殺人集団なんですけど、フェイクなのかそうじゃないのか微妙な感じで不気味さが漂ってるんですよ。
こんな映像誰も通報しないのかな??

スケア・キャンペーンのチームは今まで通り一般人をドッキリにかけても視聴率は伸びないので、どうやったらいいか試行錯誤するワケですが・・。
過激に勝つには更に過激にするしかない!!・・と安直にならずに、遊び心満載で練るところは好感が持てます。

うーん、この映画はあまり情報入れないまま見た方が楽しめると思うので、見る予定のある方はこれ以上読まない方がいいですね。
まぁゆるいムードは否めませんが、開始10分後くらいから見始めた娘は最後まで目が離せなかったみたいですし、「へぇ~なかなかやるじゃない!」と思える作品でしたよ。


↓↓以下はネタバレです↓↓








実は今回限りでやめる予定だったドッキリ側の女優さんがドッキリにかけられる・・と言う2重ドッキリ。
日本の番組でもよく見るやつですけど、こんなホラーなドッキリって見た事ないし自分がかけられたらめちゃくちゃ怖いでしょうねぇ。
殺人鬼役で登場する俳優さんの演技がウマすぎて、そりゃー女優さんもダマされるってもんです笑

実は逆ドッキリでしたーってのは何となく気付いちゃうんですけど、同時に「え?まさかエイプリルフール 鮮血の記念日の悪夢再びか?」とソワソワせざるを得ません笑
で、結局逆ドッキリを収拾しようとするところで例の殺人集団が現れるって展開なのですが、スパイ役として幽霊役の少女を組み込ませることろがいいですね。
メイクでぜんぜん分からなかったけど、この子ヴィジットのお姉ちゃん役の子だったのねー。

ドッキリにかけられる女優エマの性格に難ありで、ちょっと見ていてイライラします。
最後にエマが殺人集団に「君はドッキリにかけられた側だから助けてあげる。あと1人助けてあげるから選んで。」と監督兼彼氏であるマーカスか幽霊役のアビーか選択させられるんですけど、エマはあまり迷う事なくアビーを選びます。
マーカスも「ま、そうでしょうな・・」と納得も早い。
命乞いしないあっぱれなヤツと解釈していいのだろうか・・。

私は納得いかないわーーーーヾ(。`Д´。)ノ彡
なんだかんだでマーカスから離れる事ができなかったって事は、愛があったからでしょ~?
なのに簡単に見捨てるの~?
昨日今日知り合ったばかりの女優を普通選びますかね??
私は結局車に乗って戻ってきて助けるのかと思ってたけど、そそくさと逃げちゃったしね。その後は恐らくアビーに殺されるんでしょうけど。
マーカスも焼却炉を目の前にして全く恐怖の色を窺わせないんですよね。
バタリアンのフランクくらい怯えてもらわないとー!
あっぱれすぎてもさー!ヾ(。`Д´。)ノ彡

というワケでゆるいのはゆるいです。
でも展開のひねり具合に策を凝らしてあって面白かったです。
いつものホラーももちろん好きなんですが、単調なのばっかりだとつまんないですよね。
たまには「おおっ!」となりたいですし。
今回はなかなかの拾い物でした。


(エファ)








人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

検察側の罪人 (2018)

私は昔からアイドルが出ている映画が苦手で、大好物のサスペンスやホラーもアイドルが出ていたら出来る限り避けてます。
とりわけ若い頃からキムタクが大の苦手でして、彼のヒットしたドラマもほとんど見ていません。
ところがここ最近、再放送でついに「HERO」を見たことをキッカケにいろいろキムタクが出ている作品を見る事が増えましてですね。
「あれっ、キムタクってもしかしてめっちゃカッコいいのでは・・」と今更気付いたのです笑

 
都内で発生した強盗殺人。被疑者の一人は、過去の未解決殺人事件の重要参考人だった。
捜査方針を巡って、対立する二人の検事。法でさばけない罪人は、罪を免れ赦されるのか。
罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官…。正しいのは、どちらの正義か?
都内で発生した殺人事件。犯人は不明。
事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。
最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。
その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。
最上を師と仰ぐ沖野は被害者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手ごたえが得られない。
やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。
「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。
互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは――。(公式HPより)


killing.jpg

昨日GEOに行ったら最新作のコーナーにあったので、何も考えずに即判断でこれをレンタルしました。
まさかキムタク主演の映画を最新作でレンタルする日が来るなんて・・。
しかもこれ、ジャニーズのW主演なんですよねー。

同じ検察官と言ってもHEROでの役柄とは真反対でしたね。
とある殺人事件の容疑者として浮上した松倉という男は、実は過去に起きた未解決事件の容疑者。
その未解決事件ってのが、キムタクの知人であった女の子が被害者の事件で時効を過ぎてるんですよね。
しかし今回の事件での事情聴取で検察の挑発に乗って松倉は過去の事件の自白を始めるワケですよ。

キムタク「キーーーッ!!やっぱお前かーー!許さん!!」となって、実はほかに重要な容疑者がいるにも関わらず松倉を犯人へと話を進めて行くんです。

いやー、極めてそのやり方は堂々としていて淡々としていましたね。
バレるのかバレないのかハラハラするようなシーンも特になく、ちょっとしたピンチはすぐ回避です。
嵐の二宮さんが新人検察官の役で、キムタクは憧れの上司ってところがジャニーズでの立ち位置でも何となくカブりますねー。
その憧れの大先輩が罪を犯してるのでは?と反する立場になっていくんですが、その辺りでもヒリヒリするようなシーンは皆無でした。残念ながら。

途中までは結構面白く見られたんですよ。
容疑者である松倉役の俳優さんが凄くてですねー笑

824f1_97_c0be5ffc_ee89059c-cm.jpg

あたしゃ電撃ネットワークかと思いましたよー!
風貌だけではなく言動も群を抜いてインパクトありました。この作品で1番頑張りを見せたのはこの俳優さんではなかろうか。

後半から面白味は下り坂になっていき、エンドロール流れた時は「はぁっ??」となってしまいました。
もっと広げなければならない話はあっちこっちに放置しっぱなしだし、どういう意味だか分からない説明不足な箇所も放置。勝手に想像してくださいって事なのか?それとも原作読んで理解してねって事なのか?
二宮さんが吉田栄作ばりに雄たけびあげるシーンなんて興ざめでした。あんなヤツおるかい。

検察側が事件を隠蔽したり、よもや自身が加担するといった話は結構手垢が付いている物語なので今更感はありますが、韓国ドラマの「秘密の森」なんかはとても良く出来てましたよ。

見終わってから検索してみたら、監督は原田眞人さんだったのねー。

原作は面白いのかな~?うーん。
とにかく私にはイマイチな映画でした。

(エファ)







人気ブログランキングへ

ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間 (2017)

毎年2月は会社から促される健康診断の時期なんですけどね。
昨年は特に問題なくほぼオールAだったのに、翌月3月に肺炎になってしまったんですよ。
で、今年も先週健康診断に行って参りましてですね。
血液検査の結果とかはまだですけど、昨年とあまり結果は変わらず問題なし・・だったのに次の日9度近い発熱(;´༎ຶД༎ຶ`)
行く度に何か起こる。
ンもーこれは私の中では不健康診断ですよ。
行きたくない~・・けど行かねばならない微妙なお年頃・・・。
私的にはバリウムより血液検査が苦手なのです。



今回は「ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間」ってやつなんですけど。
見知らぬ男女二人の乗るセスナが雪山に墜落し、助かるのか助からないのかサバイバル・・って話です。


__5b95f75da8040.jpg

出てるのはケイト・ウィンスレットイドリス・エルバ、そしてゴールデンレトリバーです。
まぁサクサク見られたし演技達者のお二人なんでいいんですけどね。タイトルに決死のサバイバル21日間ってのは入れない方が良かったんじゃないかなぁ。
21日でどうなるか分かるんでしょ?って思っちゃうし、そりゃ大変なんだろうけどそこまで凄まじいサバイバルには見えませんでした。
雪山の夜や吹雪や雪崩など、もっと恐ろしさを表現できるはずなのにその辺りは削られてます。予算の関係でしょうか?
私の中での雪山サバイバル最高峰は「生きてこそ」なので、どうしても比べちゃう。
なんかサクサク進んじゃうんだよねー。食べるものも何とかあるし、我慢してるとしても「はじめの一歩」鷹村の減量ほど大変そうに見えないしー。

当然男女二人なんで色恋沙汰が出てくるんですけど、サバイバルを通しての恋愛物って感じなのかもしれませんね。この映画は。つり橋効果的なやつ。
男女二人での雪山サバイバルの最高峰、私はバリー・ペッパー「ホワイト・クラッシュ」を推します!
ザ・マウンテンは恋愛要素が強すぎて、サバイバルがおざなりな感じがするんですよ。見事にジャケットに騙された気がします。

慎重で理論的な男と向こう見ずで勘で突っ走る女。
どう考えても男の考えじゃないと助かる確率は低い気がするんですけど、まー気の強い女なもので引き下がらないワケですよ。
それが正解な事もあるにはあるんですが、このケイト・ウィンスレットのせいで男の方がずいぶん泥を被っているので、ナンか割に合わないです(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)
でも全然女を責めない優男・・。あんな雪山での極限状態で、あそこまで悟りを開けるものなのか。
それを含め、全くサバイバルを感じませんでした。
見るなら「ホワイト・クラッシュ」を見て下さい!

517q_TpTthL.jpg



ところで、ザ・マウンテンと検索するとコレが出てきて吹き出しちゃいましたねー。
懐かしい笑

b80fbe7e-06f4-36d7-ba66-751a143d52ad.png


(エファ)







人気ブログランキングへ

海底47m (2017)

動物パニックものの中でもダントツで人気の鮫ですが、昨年はMEG ザ・モンスターが劇場公開で少し賑わってましたね。
まぁでもこちらはコメディ寄りでしたので、鮫本来の怖さはあまり感じませんでしたねー。
近年で言えば「ロスト・バケーション」がなかなかの良作だったのではないでしょうか。

MEG ザ・モンスターでは潜水レスキューというものを初めて知りましたけど、海底47mではケージダイビングというものがある事を初めて知りました。恐らく私は生涯経験することはないでしょうが・・。

リサ、ケイト姉妹はメキシコへバカンスにやって来る。
実は彼にフラれて傷心だったリサを励ます事も兼ねて、クラブで出会ったイケメン二人に誘われるがままシャーク・ケージダイビングに参加する事に。
シャーク・ケージダイビングとは、船から吊るされた檻に入って5メーターほど海に潜り、海中の魚や誘い出した鮫を見学するアクティビティ。
姉妹を入れた檻は海中へ沈み、最初こそ興奮して楽しむが檻を吊るしていたケーブルが切れて檻は海底47m下まで落下。
船長と繋がっていた無線は圏外、ボンベの酸素にもリミットがあり、急浮上すると潜水病の危険もあり、何より檻の外には巨大な鮫が牙を剥いていると言った絶体絶命状態。



main2.jpg

怪しげな人たちが行なってるアクティビティ。
小心者で慎重派のリサは何度もやめようよ~とケイトに提案するんだけど、積極的なケイトはゴリ押しで参加しちゃうんだよー。もう海底47mまで沈んじゃうことはタイトルで分かっているので、「あ~あ」と思いながら見ているだけです笑

動物パニックものとは少し違っていて、どちらかと言うと「キューブ」などのシチュエーションスリラーですね。
鮫はゲスト出演みたいな。

急に浮上すると潜水病になるってのは聞いたことあるんですけど、窒素酔いはこれまた初めて聞きました。
ボンベの酸素がなくなるんですけど、無線が届く距離まで浮上して船長に2本目のボンベを船から落としてもらうんですよ。
やったー!空気吸えるー!って思ってたらボンベの吸い過ぎは窒素酔いと言うものがあるらしく、幻覚を見たり幻聴を聞いたりする症状が出るそうです。お酒に酔った時の高揚感があるみたいですね。

一旦は予備のケーブルで浮上することに成功するんですけど、ケーブルがまた切れてしまって結局海底47mまで落下。今度は海底と檻にリサのふくらはぎが挟まれると言った絶望のシチュエーションに。

もうワーワーキャーキャーうるさいし暴れまくるんでイライラするしかないんですけど、たった二人のキャストでありながら特に退屈することもなく見る事ができました。

あー、これは伏線かな?ってところがあって、最後のあたりまで見ていても回収されないので気のせいだったのか~と思っていたら、急に捻った展開が用意されていてなかなか面白かったです。

そもそもリサはダイビングの経験がないので、それなのに無茶して参加するには当然リスクを背負うワケじゃないですか。
少しでも「ムリ、やめた方がいい」と思ったら100%引き返す事が正解なんだと、この映画で再確認したしだいです笑
あともう1つ再確認したのは、「キューブ」でも思いましたけど何かあった時は勝手に自己判断でアレコレせずに、じっと留まる事も大事なんだな・・という事ですかねー。

二人は助かったのか助からなかったのか、是非ご覧になって確認してみて下さい。
面白かったですよ。

付け加えさせて頂くと、娘がいる立場からすれば若い女二人でメキシコ旅行、そして夜の歓楽街で若い男と仲良くなって朝まで海で過ごす・・。
もう十分危険でしかないんですけどもね٩(๑`ȏ´๑)۶

(エファ)






人気ブログランキングへ

V.I.P 修羅の獣たち (2017)

ここ数日、本当に寒いですねー。
私の職場はショッピングモールの入口すぐにありますので、自動ドアが絶えず開閉してるためとてつもなく寒いです。
寒すぎて舌が回らず、「そうです」を「そうだす」とか言っちゃってますよ。
バレていないことを祈るばかり・・。

こちらもGEOでレンタルしてきました!
1週間レンタルで1本260円。もはや安いのか高いのか分からなくなってきました。


韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。
彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。
さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、
事態は思いもよらない方向へと進んでいく。(公式HPより)


VIP_170727b.jpg

新しき世界パク・フンジョン監督の作品ですねー。

ネットで調べてみると過激描写が物議を醸してるみたいで、レンタルDVDのジャケット裏にもスナッフばりの過激描写!みたいな文が書いてありましてですね。
パク・フンジョン監督だしこれは見るしか!!と思いレンタルしたしだいです。

とにかく話がややこしい!
オープニングから10分くらいは何が何だか分からない状態でした。話と人物をまとめるのにた~いへん!

北朝鮮で女子が連続して暴行殺人されるんですけど、若い男の子たちが犯人なんですよ。
猟奇殺人ですね。もうさらった女子だけにとどまらず、家族ごと皆殺しで無茶苦茶ですよ。だけど捕まらない。
なぜなら主犯は要人の息子ってんで、警察も手が出せないワケです。
無茶苦茶にして家族ごと殺された写真を見て、北朝鮮の工作員であるリ・デボムは犯人逮捕から引き下がろうとせず、それが原因でクビになっちゃいます。怒れるおっさんの出来上がり。

次の怒れるおっさんチャン・ドンゴン
ドンゴンは国家情報院と言う韓国のCIAみたいな所に勤務している役なんですが、北朝鮮での連続猟奇殺人犯をそうとは知らずに韓国に亡命させる手助けをしていて、韓国でも殺人事件が起きて困っちゃうワケですよ。
犯人として逮捕されてしまったら、北朝鮮から亡命させた自分の立場が・・と言うより国家情報院という立場も悪いですから。

韓国でも猟奇殺人が起きて、それを担当することになった刑事にキム・ミョンミン。怒れるおっさんです。
イケイケな捜査で犯人を見事に特定するのですが、ドンゴンが邪魔してきます。
更に、諦めきれなかったAまでが北朝鮮から韓国へ犯人を奪還しにやって来るもんだから、ABCおっさんズが犯人の取り合いする時間ばかりが過ぎていきます(・Θ・;)

犯人役を演じてるのはイ・ジョンソクというアイドルの男の子らしく、こちらを目当てに見た女子は多いかもしれません。
肝心の過激描写なんですが、ぜんぜん物議を醸すほどではありませんでした。
恐らくイ・ジョンソク目当てに見た人たちが悲鳴をあげたんじゃないでしょうか。
悪魔を見たの方がよっぽど過激ですし、首を絞めるシーンにモザイク処理までしてあったんですけど、興ざめしますね。
こういうシーンが嫌いなら、この手の映画は見ないでくれよー(´_`。)

もうどうでもいいですけど、実は怒れるおっさんも登場します笑
アメリカのCIAまで絡んできて、話は本当に複雑です。

北朝鮮のナンバー2の息子ってんで何でもやりたい放題。
そんなバカなと言いたいけど北朝鮮ですもんね。
でも韓国は違うでしょう~?警察まで殺されかかってんのに罪に問わないなんてありえますかねー??
いくら要人の息子だからってあんなに見境なく殺しまくってたら、逆に暗殺されません??


実力派俳優たちの力技で何とか成り立ってる映画って感じがしました。
いろいろ複雑に練ってはいましたけど、ガワばかりが立派で中身は軽い気がします。

キム・ミョンミンが違和感ありすぎるほどタバコを吸っていたんですが、その後でドンゴンも吸ってるんですよ。
ちょうど「みんな吸いすぎだよー」と思っていたところにこんなシーンがありまして↓

201902101652199b4.jpg

有毒と書いてあります。
それを伝えたかった映画だったとか?笑

中盤あたりで犯人がに北朝鮮へと連れて帰されるんですけど、北朝鮮ならではの無情な話が盛り込んであって、そこは「おぉ」となりました(*´∇`*)


(エファ)








人気ブログランキングへ

PageTopNext>>

プロフィール

MebiusRing

Author:MebiusRing
MebiusRingへようこそ!
いろいろなホラー映画をご案内します
ガイド役は
スラッシャー大好き エファ
80年代命 ひろろ
ヘネンロッターLove nasu
でございます
マスコットの「メビ坊」もよろしく!

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    FC2カウンター

    WELCOME TO MebiusRing!

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    月別アーカイブ
    最新トラックバック
    RSSリンクの表示
    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。